カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予測地点にヒラマサが出た   ,2013/11/09 (土)


いつもはアテズッポウで釣り場を決めるのだけれど、
手錬釣師に潮を読む方法を教えてもらったので、今回は自分なりに読んでみる。
地形と風と釣果情報を織り交ぜて、今日はココという確信が沸いてきた。
その狙いが正しいかどうか確かめるべく、夜のうちから伊豆へ急ぐ。

現場へ向かう途中、偶然にも釣友とバッタリ会って 行き先も同じだと言う。
聞いたところでは その沖で結構釣れてるという情報があるとか。
これで確信にまた一歩近づいた。今日は釣れる気がムンムンする。
さらにもう一人合流して3人で磯へ向かう。

冷たい北風に吹かれながら、釣友が沸かしてくれたカップ麺をすすり朝を待つ。
薄明が来るやいなや、手前のサラシで軽くヒラスズキを探ってみるけど音沙汰なし。
すぐにダイペンに変えて青物が来ないかとフルキャストで投げ続ける。
小1時間も投げないうちに、疲れのピークが来てコクリと寝てしまう。

30分ぐらい寝たのか?ハッと起きたら気力も体力も回復。
状況はどうなったかなと見回してみると、沖で水柱らしきものを見つけた。
遠く風波に紛れて判別しにくいけど、時折単発でバシャっとしぶきが上がる。
何度か起きる水しぶきに、何かが起きそうな予感ビンビン。

仰角高めのキャストで風に乗せて、遠い沖の水しぶきポイントまでルアーを届ける。
遙か沖で浮き上がるのを見届けつつ、ジュポルルッ ジュポルルッと細かくダイブさせる
すると突然ゴバっと食って来た!!やっぱり来たナ!イナダぐらいか?
ヒキがフワっと軽くなったのは、どうやらこっちの足元を向いて泳いでるようで。
根に潜られないように急いで巻き上げつつ、無理せずイナして寄せて来る。
足元近くまで来た魚影がギラリと光ると、釣友が「マサだ」と言った。えっ本当?



何度か足元で右に左に暴れ潜るのを、静かにやり過ごし
顔が上向きに水面に出た瞬間狙ってザザーっと一気に引き寄せ磯にズリ揚げる。
揚がったのはヒラマサ75cm4kg弱。ヤッタネ!
その後、続けて小さいイナダ1本も追加して収穫は十二分。

なんだか今回は確信があったせいか、ドキリともせず冷静に揚げる事ができた。
釣果もさることながら、狙ったポイントが当たったのがとっても嬉しい。




黄帯に胸ビレがまたがってるのは、ブリとは違うヒラマサの特徴。


本日の収穫は小さいイナダと良いサイズのヒラマサ


だんだんウネリが強くなってきた

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。