カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
泳いで根魚、夜磯のタチウオ   ,2013/09/21 (土)


良い時期の三連休、まずは伊豆の海へ。
海泳ぎの初心者としては岬や磯に囲まれた波静かなトコがいいけれど
今日のポイントは外海向きのゴロタ浜。潮の流れに注意しながら泳ぐ。
泳ぎ始めて早々、ダツやショゴが泳いできてワームを追いかけてくる。
うーむ、さすがに沖向きの場所では魚種も外向きだなあ。
ショアジギングで相手する魚の動きを水中で見れたのは興味深い。

ソイを1本釣ってホクホクしてると、岩の間に40cm程のアカハタを見つけた。
ドキリ!これはチャンス。さっそくワームを近くにユラユラするけど無視された。
大きい魚はそれだけ年季も入っているので警戒心も強い。
1m70cmのヘンな奴が海面をピチャピチャ泳いでたら、そりゃ警戒もするよね。
泳ぎ釣りは相手を見つけ易い反面、こちらも姿を晒すのが弱点だな。

グイグイ潮が流れ始めて濁りも出てきたので、怖くなって早めに撤収。
陸に上がって見てみれば、泳いでいたところに潮が差し込んでる。
岸に寄せる潮だったからよかったけど、離岸流に乗るとアセるだろうな。
やっぱりまだまだ海を知らない初心者には、静かな湾内がお似合いだ。




早めに泳ぎを終えて、天気や他の狩人達の海山情報を見て次の狙いを探す。
すると釣り仲間がタチウオの夜釣りに行くというので、ご一緒させてもらおうかと。
現地で合流して少しおしゃべりしたら、タチウオタックルだけ持って磯へ。
あんまり釣れる気がしないけれど、一応氷を持って降りる。
今夜はカキンと晴れた見事な満月、そして潮は少し緑色に薄く濁る。
全身蓄光のブランカ40gにしっかりヘッドライトを当てて光を貯めたら、
フルキャストして海底まで落として、後は何処にいるかとシャックって探す感じ。

かなり遠方からの弱いウネリ波が入ってきて、磯際に泡を作る。
目の前にゆったり漂っていた泡が、ふと気づくとサーッと移動し始めた。
潮が動き始めたな!と思った途端、シャクッたジグにゴンっとアタリが来た!
ストップ&ゴーの小気味良い抵抗を感じながら、巻き取ってポ~ンとゴボウ抜き。
揚がってきたのは指4本に少し足らないぐらいのご立派サイズ。
すぐに友人にもヒット。ポンポンと連続でアタリ始めると思ったらパタリと止んだ。
見れば足元の泡はピタリと止まってる。

潮が動けばポツポツと釣れ、止まると反応が無くなる。非常にハッキリしてる。
気持ちがダレてきた頃に良いタイミングでまた釣れだすものだから、
朝までオールナイトで続けた釣果は12本。氷持ってきてヨカッタ。
普段は数釣りしないので、初めての”ツ抜け”に少し気分良し。
今夜のおかげで、タチウオ釣りが少し分かった気がする。
ズシリと重たくなったザックを背負って気分ルンルンで磯道を帰る。




バッグの中はギラギラのタチウオでいっぱい


翌日はウネリが大きくなって海で遊べなくなった。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。