カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スッポンはとても旨かった。   ,2013/08/01 (木)


冷蔵庫で寝かせていたスッポンスープは、思った通り煮凝りになっていて
プルンプルンどころか、思った以上に硬いゼリーになっている。
半分冷凍して今夜は半分を。さあ食うぞスッポン。

土鍋にスッポン煮凝りを入れて火に掛ける。湯で濃さを調整し醤油で味付けする。
多少臭み感じるので、打ち消すために柚子こしょうを加えたら、とても良くなった。
野菜を加えて少しばかり煮たら、スッポン鍋の出来上がり。
ここまで来るのに随分時間が掛かったな。感慨深く飲んでみる。
ウウウウウッ旨い!!なんて上品で、なんてイビツな旨さ。難しい味だ。
魚介とも肉ともつかない微妙なバランス、とにかく旨い。



身の方はどうだろう。いかにも肉って感じの塊をすくいあげる。
骨の間からほぐし出した肉はまるでカマの一番イイとこみたいな弾力!
それでいてカレイを食ってるようなホロホロと崩れる感じ。
それでいて筋肉のような歯ごたえと味わい。ムムムう旨い!

柔らかい部分はプルンプルンのなんじゃこれはって感じ。
これがいわゆるコラーゲン?よく知らない。
そんなに好きな部分じゃないなあ。好きな人は好きなのかもな。
個人的には肉の赤身が断然旨い!唐揚げとかにしてみたかったな。



小骨が面倒だけれど、ちまちまと肉をつついて鍋を完食。
鍋を食い終えたら、ド定番というのがスッポン雑炊。
土鍋に残るスープから小骨を取り除くために、ザルで越して土鍋に戻す。
そこに炊いておいたご飯をいれて煮込み、最後に溶きタマゴと青葱を。
やっぱ鍋の最後は雑炊だな。しかもダシがとっても上品で美味しい。
腹イッパイだけど 箸が止まらない美味しさ。



初めて出会って驚いて、探し求めて釣り揚げて、捌いて煮込んで、今夜食った。
見るからにゲテモノ扱いされ、市井では精力剤の扱いを受けてるけれど
実はこんなに上品で美味しいのだとわかったよ、スッポン。
ごちそうさまでした。また食おう。



甲羅と頭の骨は塩素で漂白して標本に。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  •  ゆう (#-)
  • URL
  • ,2013/08/14
  • ..[編集]
うまそうですね。ずっと前にスッポン料理食べた時のうまさは今でも忘れられません。でも、あの首の動きの早さを見たら怖くて、しめるのはちょっと無理そうかな・・。多摩川あたりでも間違えて釣れた話は聞くんですけどね。
  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2013/08/07
  • ..[編集]
>Ikeさん
いや、旨かったです。
スッポンの甲羅、しっかり観察できて楽しいですw
もともと尖がってる肋骨に、甲羅が発達したって感じにみえました。
よく出来てますねー、生き物の骨はそれがよく解ります。
  • Ike (#-)
  • URL
  • ,2013/08/04
  • ..[編集]
ご馳走様でした。
スッポンの甲羅の周りって何でとんがってるんでしょうね?

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。