カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
収穫はワラサと富士キノコ   ,2013/07/23 (火)


先週末は久々に海の魚と森のキノコの両方を収穫できた。
”フィッシュ&フンギ”と呼んでるこの水陸2種狙いはなかなか難しくって
旬のタイミングを逃さず、巧く狙えた時だけ成功するレアな収穫。
早春の椎茸&アマゴ以来、久しぶりに達成できた。

今回の獲物はハナビラタケの小さいの、タマゴタケとコガネヤマドリ少々、
それと何より主役は4kgナイスサイズのワラサ1本。
森のキノコも黒潮の海も、いずれも渋いながらもなんとか収穫できた。
そういえば、ブリの4kgってのは今まで釣った中では一番の大きさ。
まだ多少の余裕はあったけれど、更に10kgクラスの釣りとなると大変だろうな。

さて、まずはワラサを捌いてコンディションを確認、よかった非常に良好。
脂がベッタベタって程ではないにしても、しっかりした旨みが強い。
頭、カマ、半身と割って、今日食わない分は丁寧に包んで冷蔵へ。

バラしが終わったら今日食べる分を。一番旨そうな腹身の部分を頂こう。
一切れ食って旨い!もう料理は不要だ。
まな板には醤油と、柚子胡椒とネギ、そしてビールを。必要なのはこれだけ。
後は切っては食い切っては食い。めっちゃリッチなつまみ食いって感じ。
ああ、うまい、うまい。幸せ。



もはや皿は不要。まな板の上で切っては食う。


身は丸まると張ってて、半身もブリっとしてる。


腹身のとこ。いい色合い。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。