カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イナダをもらい、ヒラマサを撮った   ,2013/06/14 (金)


今日はお休み。午前中に用事を済ませて午後から一足早めの週末スタート。
シイラやマグロが入って来たとか、なにやら騒がしい噂が聞こえて来た。
房総にブチ当たってた黒潮の分流が東京湾に差し込んだ影響だろうか。

さすがに平日だけあって、夕マヅメに狙った磯には誰も来ずに独り占め。
気が付けば目の前はいい感じの潮が右左に交錯し始めてきた。
ジグを投げていると、手前の水面間際でガツンと食って来た!があっさり乗らず。
そのワンチャンス以降、潮はゆるくなり、静かで平和な海況のまま陽が暮れた。

今日はここまで。磯から上がってParadise Foundz,の”隊長”と待ち合わせ。
朝に釣ったと聞いてたイナダを分けてくれるというから、ありがたや。
あれやこれや魚話が弾んで弾んで、すっかり夜まで話し込んでしまった。
今日は帰るというので、ここでお別れ。釣具屋に寄るのも忘れてしまった。


翌朝はtamatune侍氏とご一緒しましょうかと連絡を取り、車で寝る。
いつものとおり寝坊したけど、最大戦速で磯に向かってなんとかギリギリ。
これまた偶然にWakiyaku氏ともご一緒になって、
狭いところ申し訳ないけど間に居れてもらう。ありがたや。
青物が本格的に始まってきて、皆それぞれやって来てるのだな。

ヤル気・期待とは裏腹にダルい潮。時間と共にダメかもねーという雰囲気。
薄明からギンギンに投げてた疲れから、ちょっとペースダウンした その時
なにやら潮が逆に動きはじめ、ベイトが小さく追われてるナと思った途端、
隣のtamatune侍氏が呼ぶように叫んだ「来たヨ!」


ググンと竿が曲がり、揚げ易い位置へ誘導する。

今日持ってきたレンズは300mm望遠。釣られてる最中の青物を撮影するチャンス!
磯際のサラシで暴れる魚体をバッシャバシャ撮りまくって超興奮。
サラシにまみれて逃げ潜っては巻き上げる様をハラハラして見てた。
ご本人もお見事釣り上げ成功。出たのは70cm級のヒラマサ。いいモン見たナ~


望遠スゲー!こんなに大きく撮影できてる!


岸際に来ると海底に突っ込んでいくのがヒラマサ


その突っ込みをチカラで強引に止めるて浮かせる


さあ、足元まで寄せてきたよ、最後が肝心!


ヨッシャー!!って感じ満ち溢れてる!キモチイよさそ~

その後、同じシャクリをまねてジグで探ってみるけど特に反応もなく。
潮もすぐにダルさが戻って赤潮まで出る始末。結局釣果なし
それでも手錬二人の釣果を間近にして、青物熱にいよいよ火が付き始めた。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。