カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大粒テナガエビのリゾット   ,2013/06/11 (火)
床がペタっとする 梅雨らしい蒸した夜。
ネットリジットリとエビ料理を楽しもう。
週末に獲ってきたテナガエビが少しビックリするデカさ。
もともとヒラテテナガエビは腕が太くて大きい種類だけれど、
今回見つけたのは売ってる芝エビぐらいありそう。


コレ、売ってる芝エビぐらいの大きさ!


手を伸ばしたら20cmに届きそう

で、今夜はこいつらをリゾットにしてみた。
毎度ながら清流で獲ってきたので 下処理は不要。そのまま調理へ。
プリッと炒めた甘い肉と、頭と殻からでるエビスープを
トマトクリームベースでリゾットに仕上げて、パセリを散らせて出来上がり。
重ためのトマトクリームの中に繊細ながらもエビ風味が効いている。
エビパワーが少し薄いような気もするけど、濃すぎたら胸焼けするだろうし
足りないと思えば、もうあと1~2尾入れればいいのかも。


材料。


身はバターで炒める。そのままオツマミに最高!


頭でとったスープで米を炊いて、最後は全部合流。



”川エビ”と言えば、どうしてもまとめて揚げちゃえ的な扱いだけど
こんだけデカけりゃメインとして使える食材だと再認識。
今一度、清流でデカイエビが獲れる時期と場所を確認しよう。
巧くデカイのが獲れれば、エビチリ、エビシュウマイ、エビフライなんてのも。。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2013/06/14
  • ..[編集]
>れおん さん
ザリガニも収穫と料理次第では、基本は美味しいのでしょうね。
それでもヒラテテナガの大きいのはそれに匹敵します。
もっと獲れるように探そうっと。

なんでもぺちゃんこ..(^_^;)
いろんな遊びを思いつきますね~
その思いつきが大事ですよネ
>居るとこにはウジャウジャいますよ。是非とも。

まだ道具も保管してあるから是非出かけたいです
テナガエビもウナギも表に出て活動する時間は同じだから
この時ウナギも狙えるね

ところで例の70匹のウナギは自分で捌くのは無理だから
友人の料理屋に全部をあげて10匹分を蒲焼にしてもらいました
しかし折角の天然は蒸さずにストレートに焼いた歯ごたえのある蒲焼が好きです。
絵的にロングアームは残します派代表のれおんくんのママです。

でも、このヒラテテナガエビはザリガニクラスですねぇ~

カルクウさんも、是非、我が、『なんでもぺちゃんこくらぶ』に

入会してください!

(入会金とかは要りません。ブログで発表会するだけのくらぶ~^皿^)

http://kurousaleon.blog39.fc2.com/blog-entry-1688.html
(コレはおととしのやつですが テナガエビスクも載ってます~)

こんなおせんべいを作るだけのことなんです。(レシピは近いうちに~)
  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2013/06/14
  • ..[編集]
>izuno さん
アレもやりたい、コレも採りたい ソレも食べた~いという気持ちは
もうすごく解ります(^ ^)年中そんな気持ちですw

偶然かもしれませんが、ヒラテテナガと普通のテナガを
一緒に見たような気がしません。棲み分けてるのかも。
居るとこにはウジャウジャいますよ。是非とも。

6月後半は荒れ続きになるやも、という話もありますので
まだまだチャンスは来ると思います。
たとえ良い機会が来たとしても、70匹は捌くのツライですね。。(^^;
良き釣果のあらんことを!
  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2013/06/14
  • ..[編集]
>れおん さん
普通のテナガに馴染んでいると、
ヒラテテナガを初めてみると、きっと驚きますよ。
わっ なんか腕がポパイみたい、と。

ビスク、かなり良さそうですね。
出し取り系統が一番いいなと思ってます。
ただ、味もさることながら、あの腕のビジュアルを
大事にした料理にしたいですよネ
食べ易さは度外視してでも!(^o^;)
もう追いついていけないスピード、でも真似したい欲張りかな
テナガエビも暫く忘れていました
この伊豆では小さいのしか居ないと思っていましたが
どこかには居るんですね~
農薬も改善されてきたからでしょうか絶滅的でした蛍も今年の狩野川一部ではすごく出ましたね

追っかけで山椒の実は確保しましたが、その先の鰻がまだです
鰻が動くこの出水の前後が最大のチャンスでしたが所要が外せず動けません
また来週に暇を見つけ出動したいです
浜名湖近くのあるポイントへ行けば7月のピークには一夜に鰻70匹とか平時でも20は下りませんでしたが今はどうでしょうか?
名前は同じテナガエビでも、
ずいぶん、種類が違うのですねぇ~

我がテリトリー(自転車圏内)は汽水区で、
記録は21㌢が最高です。(それ以上大きくならないようです)

エビのダシ、結構使えますよね^^
毎年、ビスクをやってます~
テナガエビのビスクをテナガエビスクと名付けてみました^^
もう、伊勢海老ではやらない!(やったことないけど。。。)

いろんなお料理が出来る方なので、もしまだやってなかったら、
是非やってみてくださいねぇ~(やってたら、ごめんなさい~)

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。