カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
糠漬け平鱸の炙り茶漬け   ,2013/05/29 (水)


魚の収穫がない週はさみしい。そんな時こそ保存食。
そういえば先々週に釣ったヒラスズキを糠漬けにしてたっけ。
冷蔵庫に入れっぱなしの糠床から掘り起こしてみれば
芯まで味が染みてて 生ハムみたいでとっても美味しい。
2週間以上経ってるのに腐らないのは菌の作用なんだろうな。

皮付きで漬けておいたので、皮側をバーナーで炙りにする。
一緒に漬かりっぱなしのキュウリと、ネギとお茶漬け用のアラレも添えて
とっておきは去年収穫した塩漬け山椒をパラリと。
ご飯に乗せて熱いほうじ茶を注いだら頂きます。



う~んウマイ!こーりゃウメエ。シャクシャクっと美味しい。
朝食にこんなの食えたら幸せだなって感じの清々しさ。
どんどん釣って、どんどん糠漬けにしようっと。
あとは、今年も実山椒を収穫しにいかないと。


新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。