カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨後の伊豆でヒラスズキ   ,2013/05/12 (日)


土曜日は結構強い雨が降るというので自宅でゆっくり。
横浜では静かだったけれど、伊豆の海では南風が吹き付けたようで。
荒れてサラシが残ってるならばヒラスズキが出るかもしれない。
先週あたりから釣れてる話が聞こえてきているし。

何処の磯が良いか?情報と偏見でアレコレ予測しつつ伊豆へと車を走らせる。
決めた磯には先客も居ないようなので、暗い内から森を下って磯に出る。
期待した以上にてウネリ波が大きくて、時折セット波が岩の上まで登ってくる。
明るくなって状況が落ち着くまでは、波裏から青物狙いで沖を探る。

一段落したところでスズキの本命、浅い根のある波表側へ立つ。
いつもワンパターンながら、サラシの出る際にK2Fをノタノタと泳がせる。
足元まで泳いできたミノーがサラシの切れ間に差し掛かった間際
青い海底からミノーに向かってギュンと出てきたヒラスズキがモロに見えた。


(こんな瞬間の写真が撮りたい..)

ガツンッと食ってきた相手はそれほど重たくないし、ガッチリとフッキングしてる。
チラと沖を見ると次の大波が見える。巻き込まれる前にサッサと勝負をつけよう。
絞め忘れていたドラグをガチッと絞めて、一気に巻き寄せてポーンと抜き揚げる。
揚がったスズキをラインごと掴んでそそくさと高台まで逃げたら ひと安心。
ヤッタネ凄く久しぶりのヒラスズキ!見たところ状態も良好。

波裏に回って潮溜まりですぐさま〆める。内蔵も抜いてしまおう。
ワタを抜いた後って、お腹がペシャンコに型崩れするのがイマイチ。
キッチンペーパーなんかを詰めたら良いかなと思う。次回は装備しておこう。
ビニル袋に包んで氷と一緒にクーラーバッグに仕舞い込んだら、ホッと一息。
久しぶりの1本にジンワリ幸せを感じる。いや~大正解。



粘ればまだ出る気もするけど、収穫は十分満足なので撤収しよう。
ただでさえ重たい装備品に魚が加わって、全部できっと15kgぐらい。
急峻な伊豆の磯を担いで登るのは 運動不足の足には堪える。
荷が多ければできるコトの厚みが増すけど、その分だけ機動力は落ちる。
このバーターは永遠の課題だなあ。

朝の磯でもうグッタリ。散策がてらのお手軽エギングをした後は
電池切れのようにガクっと寝てしまって、起きてみればすでに日暮れ。
満潮あたりの良い時間帯だし 最後はカニポイントを見ておこうか。
時期的にはそろそろワタリガニ達が戻ってくる頃合なんじゃないかと。

手網とライトを持って、さっそく海中を覗き込んでみると すぐに見つけた!
簡単な地形に座っていたのでアッサリとゲット。今年の初物イワガニ。
ついにシーズンインかと思ったけど、その後はパッタリ見つからず
1匹追加して1匹逃げられた程度。まだまだこれからだろうか。
それでも、料理1回分は獲れたから十分。



本日の収穫はヒラスズキ60cm、イシガニ2匹。
これでイカが獲れてたら夢のペスカトーレトリオだったんだけど。
まあ来週もスズキの好調が続いて、イカが調子を上げてくれるコトを期待しつつ
とにかくこいつらを料理しちゃおう。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。