カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早春魚茸の網焼き。塩で   ,2013/03/03 (日)


昨日、河津で獲ってきたアマゴと椎茸をさっそく。
塩糠漬けにしておいたアマゴは適度に水分を抜かれて状態も良好。
椎茸は肉が厚くて、今摘んだようにみずみずしい。
いずれも網焼きにして塩だけで食おう。

焼けたところで皿に盛ってると、なんだか渓の縮図をみている気がしてきた。
コレって彼らがたたずんでいた河津の渓を、キッチンで再現しているのかも。
まるで枯山水の庭のようだな、なんて。

こうばしく焼けたアマゴは いかにも川魚って感じ、シンプルで旨い。
肉厚な椎茸は旨み汁がジュワーっと溢れ、しかも甘さまで感じる。こりゃ最高。
2つの味のギャップが楽し旨しで、むっちゃ幸せ。




新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。