カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大きな反省とイナダを1尾   ,2008/10/18 (土)
大きな代償、小さな1尾。反省を胸に。

三崎港には2時ぐらいに着いた。今夜もイナダを釣りにきた。
潮は深夜に干潮を超えて、これから上げ潮の良い時間だ。
朝マズメまではイカでも釣っていようかと、
堤防に立つと目の前の水面でワシャワシャと音がする。なにやら小魚が騒がしいな。

すると隣のグループの数人が立て続けにイナダを挙げた!
え?夜でも釣れるんだ! このワシャワシャはイナダの突き上げか。
イナダと言えば明るくなると釣れ始めて、夕闇が来るとパタリと静かになるので
明るさが無いとエサを食わないと思ってたけど。
月明かりが明るいせいなのか、もともと夜でも釣れるのか。
とにかく、潮はイイし、右隣も左隣もドンドン釣れている。時合いだ。

これは釣れるぞと思うけど、投げても投げても来ない。
メタルジグを何種類もチェンジしてみたり、ダイバーで水面下を狙うけどダメ。
隣は調子良く釣れている。ワラサ級も出てるぞ。どうやら軽いミノーを使っているな。
そうか、こういう時は明るい色のミノーがいいかも。
レッドヘッドのコモモをスロー気味に巻くと、すぐにガツンと来た。正解。
夜はしっかり見せてあげたほうが食いつくのかもしれない。

久しぶりのイナダは重たっくてよく走るので気持ちイイ。
40cmぐらいのまン丸に太ったイナダだ。
深夜と未明にピークが来て、夜が明けた頃にはイナダもイワシも消えてカモメだけが残った。
3バラシ、1ゲットで8時に撤収。ちょっと不満だけど1本挙げたからよし。
久しぶりで焦って ラインはよく切るし、携帯電話は海へサヨウナラしてしまった。
大きな反省とイナダ1本を得た。ぐっと堪えてまた来週。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。