カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
田セリを摘みに   ,2013/02/17 (日)


2月中頃といえば、旧暦の正月過ぎて春の訪れを感じる頃。
ちょうど七草粥にぴったりの季節。
よく晴れた休日の昼間に、ぷらっと近所の田んぼへに春探しへ。

夜が冷えると田んぼや沢には氷が張るけれど
それでもセリやハコベが新芽を出して、確実に春の訪れを感じる。
暖かい斜面には 陽気に誘われて出てきたシマヘビも見た。
そろそろフキノトウも出てるはずだけれど。

まだ春一番は吹いていないけれど、
ここから春の足はどんどん速くなる。


冬眠から出たばかりっぽいシマヘビ


田んぼに出始めた田芹


どんぐりも目を出す頃か?


ムクドリ?と思しき。白っぽい固体かな?

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。