カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自作ダイペン、試作1号完成   ,2013/01/05 (土)


ダイビングペンシルの試作も仕上げの段階に。
重量変化も知りたいので、お化粧もやってしまおう。

腹を白に 背を黒に塗装したら、セルロースセメントでコーティング。
色止めはしなかったので、案の定ダラリと塗料は流れ落ちる。
今回初めてMrカラーのGXシリーズを使ってみたけど、
普通のタイプよりもネバついてるというか..流れた塗料も溶けずにカスが残る。
次回は普通のタイプに戻そう。

塗装はシンプルにして、お化粧のメインはアルミ張り。
ボディ部分にはアルミ箔にウロコ模様を漬けたものをリターダーで張りつけ、
顔の部分にはキッチン用のアルミテープを仮面っぽく切ったものを張る。
この作業は丁寧にやればやるほど工芸品のような美しさが得られるけれど
あんまり凝るとゴールが遠のく一方なので、必要程度におさめておく。

くり抜いた穴に目玉シールを埋め込んで、最後のドブ漬けを終えたら
水のしたたるような、生き生きとした光沢が出てきた。
後は数日乾燥させれば、ギュっとコーティングも締まって硬くなるだろう。
試作1号機が完成した。あとはコレを持って海へ。

白と黒で塗装する

医療用のメス。薄いアルミ箔を切るのに便利

パンチメタルでウロコ模様を試してみる

アルミテープで顔を。ニヤリとスマイルw

曲面にシワ無く張るのはやっぱり難しい。

ラストは段差が無くなるまでドブ漬けを

試作1号機完成。




ズシリと重たい、ダイビングペンシル140F 55gぐらい

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2013/01/09
  • ..[編集]
>そう さん
張り作業は皆さんアレコレやり方がありますよね。色々試してみないと。
実際にコイツが活躍するのは、また暖かくなってから、ですかねw
それまでは開発です(^ ^)

>Ikeさん
かっ飛びは写真でしか見てないですが、たぶんもっと太ってますw
コイツもかっ飛んでくれるとイイのですが、マイペンシル(^ ^)
  • そう (#-)
  • URL
  • ,2013/01/09
  • ..[編集]
ついに完成ですねー!!アルミホイル貼りは難しいんで自分は全てキッチンテープでやってます^^;今の時季そいつで出すには根気がいりそうですね(笑)
  • Ike (#-)
  • URL
  • ,2013/01/07
  • ..[編集]
おお!かっ飛びペンシルみたいだね。まるてるペンシル万歳!!

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。