カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自作ダイペン、泳ぎは良好   ,2013/01/03 (木)


ハンドメイドダイビングペンシルの続き。
内臓オモリの量と位置が決まったので、早速埋め込んだ。
接着剤で左右合体させてしまえば もう修正はきかない。
あとは前回同様、ナイフで削って形を丸めてたらセルロースコーティングへ。

ちょうど年末にセルロースセメントを買い寄せておいた。
メーカーや商品がいくつかある中から選んだのはFOK社製のもの。
不確かだけれど、以前使っていたアングル社のセルロースのOEM供給元だそうで。
有機溶剤系は相性があるので、実績あるモノの方が安全だ。

早速 作業用の瓶に注いで、削ったばかりのルアーを漬け込んでゆく。
何度か漬け込む度に 少しずつ皮膜の厚みが増えてゆき
あらかた凸凹が無くなり、防水にも問題がなくなったところで、
泳ぎを見てみたくて近所の野池で投げてみることに。

対岸の木の枝に引っかからないように、優しくキャストするとプカリと浮いてきた。
浮上姿勢は若干浮き気味だけど、これからまだ重たくなるのでOK。
さてさてここからがダイペンの真骨頂、動きが命だ。
ズイと引くとトプンと潜って驚くほど振幅の大きいキビキビしたS字で泳ぐ。
チョイとショートジャークを入れると、L字を切って真横を向くぐらい。
まさかこんなに左右に踊るとは予想外。もっと大人しいと思ってたのに。
潜り自体は若干苦手なのか、ダイブに失敗して水面を滑走する事も多い。
だけど滑走もクイクイとS字で走るので、これはこれでまた良し。

オモリを仕込み、削りも完了。後はコート

FOK社製セルロースセメントとその溶剤。

野池でスイムテスト。ブラバスが来たりして

試作1号機は予想以上にS字スラローム!



プロトタイプ1号機からこれほど期待感が持てるとは、正直驚いた。
設計は悪くなさそうなので、後は化粧を施して完成させてしまおう。



新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。