カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後は夜の港でカマスを   ,2012/11/18 (日)


今日も伊豆の磯へ。昨日の大風で恐らく南は大荒れだろうから東へ。
遅刻気味に到着してみると釣人が沢山。その割りには良い場所が1つ空いてる。
それもそのハズ、時折やってくるデカいウネリ波がドッパーンと乗り上げる。
仕方ないので、退路を意識しながら随分後ろの方で投げるコトに。

ハデな出物はなくてもやり方とタイミング次第で釣れてると教えてもらった。
聞いた通りに、手持ちのルアーで近いヤツを選んで、ギンギンに速巻きしてみる。
磯際まで3mは離れてるので上手く操作できないのだけれど、
シャバシャバと暴れるルアーが手前で真っ白に広がるサラシに入ったところで
すぐ後ろに黒い影がギュンギュンと追いかけてるのが見えた!これか!
2度追っては来たけど食いつかず。見切りが早いってのも聞いていた通り。

追っ手の正体は知れずだったけど、偶然居合わせた釣友が1本イナダをあげたし
もう一人は何やらグッドサイズと勝負したけれどバラしてしまった。
ふむ、居るコトは居るけど出会いはホンの一瞬。せいぜい一人1回。。

イシダイ?イシガキダイ?とにかく模様がキレイ

木々の間でリスが実を齧るカチカチ音がする



昼過ぎまで粘って、場所を替えて日暮れまで投げ通すけれど、釣果なし。
こうなればイカで勝負、と思いきや向かい風がどんどん強くなってきた。
ならばあれだ、お土産コースのカマス狙いを。
そもそもカマスを狙って釣るってのは初めてだな。

いくつか漁港を巡って、ベイトの溜まってるところで投げてみる。
シパパっ小魚が沢山跳ねて固まってる。ルアーの針に引っかかる程に。
トウゴロウイワシかな?コイツが溜まってれば何かが食いにくるだろう。
カランカランと風になびく船具の音を聞きながら淡々とルアーを投げ続ける。
すると突然、ガブッガブッとルアーに何かが食いついて来た!
残念ながら針に乗らず。でも心臓ドッキリしてハートに火が着いた。



釣具屋の店員さんに聞いた一等地に行ってみると、地元っ子が沢山釣りをしてる。
見てみればどうやらみんなカマス狙い。なるほど、お気楽に釣れる感じだな。
試しに投げ続けてみたら、早速クククンッと食って来た!ほほ!
あっさり揚がって来たのは30cmも満たないカマス。やっと本日1匹目の収穫。
うーむ、カマスってこんなに美しかったのか。虹色に反射するボディはスバラシイ

この後もう1度針に乗ったけど、巻いてる内にバラした。
追い合わせした方が良かっただろうか。
寒さも時間もここらで限界。結局今週の収穫はこのカマス1匹かね。

なかなかにマッチザベイトなのかも。

かえりみすれば月かたぶきぬ、って風情

偶然撮れた1枚。まるでツバメのヒナみたい


新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2012/12/02
  • ..[編集]
>きのこ三十郎さん
どんな魚も生きてる輝きはスバラシイですよね。
カマスもこんなにジックリ見たの初めてですが
とってもレインボーで美しかったです。
  • きのこ三十郎 (#ZSomq.IY)
  • URL
  • ,2012/12/02
  • ..[編集]
カマスも虹色になるんですねぇ。
とっても綺麗。

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。