カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のヒラスズキは上物   ,2012/10/29 (月)


昨日釣ったヒラスズキ。現地で腹を割ってワタを抜いておいた。
割ってみた段階で色艶よろしく、捌いていたタイドプールに脂が流れ出る。
こりゃ状態はすこぶる良いなと期待しつつ、丁寧に持ち帰ってきた。
さっそく半身を捌いて 一切れ食ってみたらウンマ~イ!

スズキらしい青臭さがあるのはいつもの事だけれど、それにも増してこの旨み。
思った通り 脂の乗った久しぶりに大ヒットな1本だ。
捌く端からドンドン切っては塩パッパ振ってつまみ食いしてしまう。
こういう時は腹身を丁寧に剥いで刺身で食うのが良い。これまたメッチャメチャ旨い。
醤油で食っても味負けしない旨みのある身は久しぶりだなあ。

骨は物凄く頑丈なので、真ん中をズラして半分に割ったお頭を
クツクツと煮出してスープにしてみたら、これまた旨みのお祭りみたいな味わい。
うーむ、今までの少ないヒラスズキ釣果の中では最上位の旨さだな、こりゃ。
スバラシイ。時期が良いのだろうか?毎回こんなに旨いのならイイんだけど。

やはりヒラスズキは背が張ってるなあ

状態すこぶるよし。脂身もタップリで期待大。

腹身の部分を塩で食うと、ジンワ~リ旨みが

お頭でスープを。恐ろしい程の旨みエキスが。


新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。