カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの伊豆ヒラスズキ   ,2012/10/28 (日)
森か海か悩んだ末にアレコレ情報を見て海に決め。いつも通り伊豆へ向かう。
夜道を南下しながら、満月に照らされた波の様子を見て釣り場を探す。
ここにしようと思った磯には3時に着くも 既に先行車が。仕方ないので別へ。

海は思った以上に荒れ模様で、風波が立ちサラシが広がる。
本命は青物だけれど、雰囲気的にはヒラスズキが出そうな予感。
独り占めの磯は気持ちイイけど、横風が強すぎてラインが流される。
こんな時はミノーオンリーで勝負。初手からK2Fでアタック開始。

風が緩む隙をついてルアーをビシっとライナーに打ち込み、遠くから探ってみる。
手前まで巻いてくると、ルアーに驚いたキビナゴ達?が跳ねて逃げ惑う。
巻き寄せて来たルアーを足元のサラシの中でノタノタと歩かせていると
磯際50cmのところでガツンと下から食って来た!やっぱり出たなヒラスズキ。



バシャバシャ暴れるのを強引にズリ揚げて、手前のタイドプールに入れて勝ち。
と思ったら そこでルアーが外れて、狭いプールの中でグルグルと泳ぎ回る。
タモもギャフも無いので、プールの中を追い掛け回して手足で押さえて捕まえる。
やったネ、今秋初のヒラスズキ。プロポーションがとても良い。

鱸には満足できたけれど、本命の青物の気配はないまま午前は終了。
午後は一転、帰宅がてら北上して場所を探す。なんと言ってもワラサが欲しい。
何箇所か覗いてみるも潮の動きはイマイチ。あまり期待せずに楽な磯に降りる。
思った以上にウネリが入っていて、低い磯を舐めるように波が乗りあがる。

波を被らない側で ひたすらジグを投げ続けた後にちょっと休憩。
ふと背中越しに反対側を見てみると、波打ち際でデカイ魚がバシャバシャしてる!
ええ!?緊急事態!はやる気持ちを抑えてジグからミノーにチェンジ、
波を喰らわない後ろの高台によじ登って様子を見るが さっきの魚の姿は見えず。
居るとしたらアソコだ、広がるサラシと流れが混じるあたりにミノーを打ち込む
青い海と白いサラシがグシャグシャした中をキビキビと巻いてみたら
1投目でガツンと来た!違和感を感じて首を振るこの動き、スズキだな?

それほど重くはないのでぐいぐい寄せてくるものの、さてどう揚げるか。
足元には波が乗ったり引いたりの低い磯が10mほど広がっている。
一気に乗せるか次の波を待つか一瞬悩んだところで、中途半端に寄せてしまったか、
ワシャワシャの引き波に揉まれてフックアウト。残念、また一つ勉強ってトコか。
まだ出るかもという淡い期待を込めて投げ続けるも結局それっきり。

1日やって 朝夕それぞれ1回だけの貴重なコンタクト。
荒波の中から 少ないチャンスを確実に揚げれるってのが大事だな。
今回は首尾よくヒラスズキ1本捕まえて、1本は逃がしてしまった。

久々のヒラスズキは60cmナイスプロポーション

頼ってばかりのK2F、困った時にはK2F

タイドプールの色模様がとってもサイケ

アロエのつぼみって初めて見た。


新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。