カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キノコを探してキツネに出会う   ,2012/10/13 (土)



天候に恵まれて まさに秋真っ最中って感じのスキッと晴れた富士山エリアへ。
さすがにそろそろ出てるんじゃないかと 今週もまずは里山を見に。
明日はカルクウパーティ。参加者も方々で魚やキノコを採ってくるという。
ならばこちらもお土産として”ダルマ”を用意しようと思って。
だけれど先週同様にダルマの園のある森はカラッキシ。雑キノコの影すら無い。
早々に諦めて、他に思い当たる森を点々と軽く覗いて走るもイマイチ。

ふと、先週 野猿先生に逢った森へ。
ヤブに分け入り ちょうど猿先生が立っていた位置に登ってみると
斜面に沿って茂るサルナシが藤棚みたいになっていて、
手の届く範囲で実が生ってる。わははスバラシイ!まるでキウイ園だな。
先生には悪いけれど、まだ熟していない実をゴッソリ収穫しておいた。
サルナシは少し未熟で収穫しても 追熟させるって技が使えるので。

秋晴れの富士山は上から黄色く染まり始め。

猿先生のサルナシ園。青い実がたくさん

サルナシの実に手が届くなんてラッキー

美しく青いのはルリハツタケ?かな



午後は富士山を見回る。先週はハナイグチや色々なキノコが少し出たけれど、
今週はその名残りと、少ないけれど出始めのチャナメツムタケってトコか。
一通り確認して 下山しようという時に、獣が走り寄って来るのが見えた。え?
野生動物が向こうからやってくるってのは尋常じゃあない。思わず身構える。



しっかり見てみるとなんとキツネ!それも何だかジャレついて来る。
毛並みはすこぶる良いので野性っぽいけど、なぜか異常に人馴れしてる。
キツネと接近すると言えば北海道のエキノコックスってイメージがあって、
まあ触らない方が良かろうと距離を取るけど、お構いなしで寄ってくる。
人間や車に寄ってはイイことばかりじゃないよと、できる限り脅かして帰す。

本日というか明日採れるであろうキノコの種類

テテテと野生?の四足が寄って来るので驚く。

人馴れしていて、目の前で超リラックス。

絵に描いたように丸くなるのだな、キツネって



日が暮れて、明日のパーティ会場となるキャンプ場へ。
前入りして場所取りしてくれてるキャンプチームと合流して晩飯を頂く。
でっかいワンポールテントにゆったりレイアウトされたコットでぐっすり。
こういうリッチな居住性のある装備でパーティするのもいいだろうな。
次回はワイルドな貸し別荘?みたいなのも探してみようかな、なんて。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2012/10/21
  • ..[編集]
>きのこ三十郎さん
え?そんなにキツネに逢うのですか。。
北海道以外ではほとんど見たこと無いです。
それが見たと思ったら、異常なほどの人馴れ個体だったのでビックリ。
おかげでじっくり観察できましたw 結構歯が怖かったです
  • きのこ三十郎 (#ZSomq.IY)
  • URL
  • ,2012/10/21
  • ..[編集]
今年はキツネ多く見かけますねー
僕も5頭ほど出逢いましたけど、こんな人慣れしてるのもいるんですねぇ♪

いい絵が撮れましたね!

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。