カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先々週のヒラマサはまだいける   ,2012/10/05 (金)


連休前に冷蔵庫の魚ストックを食い切ってしまおう。
先週末のキメジはともかく、先々週のヒラマサどうだろう

さすがにヘタってるかと思ったけれど、見れば驚くほど鮮度十分。
身は相変わらず硬めだし、トリミングしたら中はまだ赤い。
今までの経験から言えば脅威の”身持ち”。ヒラマサという魚の特徴?
それとも釣ってすぐのケアを丁寧にするようになって鮮度が向上したのか?

ただ残念な事に、見た目は良いけれど 刺身としての味は無い。
新鮮な内はまあまあ美味しかったのに、熟成どころか消えてしまった。
まあいいや、キメジとまとめてフライにしちゃおう。
やや消化試合な気分で揚げてみたら、意外にコレが旨かった。
ヒラメのムニエルなんかに通じる味わい、上品な白身のプリッと感。
ふむ、ヒラマサは熱加えた方が断然旨いんじゃないだろか。

明らかに2食分ほどある魚を揚げては食い続ける
胸焼けしながらもマグロと青物の旨さを堪能できた。
また今週末もタンパク源を捕まえに行こう。

ヒラマサ&キメジ、500g超えのガッツリ飯

だいぶ半生過ぎたので後で2度揚げ


新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。