カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒラマサを釣って、栗を拾う。   ,2012/09/23 (日)
いつもは単独行動がほとんどだけど、今日は珍しく釣友と待ち合わせ。
ご一緒するのは虫や樹木にも詳しい釣人、というかマルチハンターな青氏さん
海も森もアレコレ詳しいので、いつも磯で会うと長話してしまう。
お互い毎週みたいに来てるトコなので、じゃアソコへって感じでサッと向かう。
青氏さんと、そのお連れさんと3人で磯に降りて、ジャンケンで座を決める。
ヤル気とは裏腹に 状況はちょいと厳しい。潮はダラリとしてるし波ッケも無し。
その上、本降りの雨に濡れながら 北寄りの風に吹かれてとても冷たい。

薄明から2時間投げ続けて、パッとしない状況に気持ち折れ気味。
そんな折、突然ジョババっと沖合い80mぐらいの所で水柱が多数立ち上がった。
ナブラだ!皆に来たぞとサインを送って、水柱の付近にメタルを打ち込む。
すると休憩から急いで戻って投げたお連れさんのロッドがググっと曲がる!
「デカイよッ」そう叫んでイイ感じでファイトしている。
揚がってきたのは50cmのよく太ったスマガツオ。おお、初めて見た!イイなッ

後に続けとメタルで探り続ける。めっちゃ旨いと評判のスマを釣るチャンスだ。
80gの"激投レベル"をジャカジャカと素早いワンピッチで巻き上げながら
フト、お連れさんはあまり沈めてなかったのを思い出す.. 表層が狙い目?
いつもはジグを底から巻き上げて中層あたりまでしかシャクらないけど、
試しに そのままギュンギュンと巻き上げ続けて
海面から飛び出してくるぞって思ったところでゴゴゴンッ!! きっ!来たア

グググンとした強いヒキを食らってちょっとヨロける。うーむ、なかなか重たい。
寄せて暴れるといけないので、ドラグを少し緩めて沖で泳がせて疲れさせる。
やったネ 初めてのスマガツオ? いや、どうもカツオの動きでは無い感じ。
相手もコチラも少し落ち着いたところで、一気に沖から巻き上げ寄せて来る。
海面5m下の足元に現れたギラリと銀に輝く魚体には黄色いラインが見えた。
ワーオ!ヒラマサじゃないか! 疲れさせたのが効いたか派手な突っ込みはなく、
お隣のお連れさんがキレイにネットインしてくれて、呆気なくランディング成功。
釣れたのはヒラマサ75cm、3kgちょい。ヤッター!



さっそく〆ようとエラに手を入れてビックリ、かなり暖かい。
ヒラマサって体温高い?そう思ったけどバッカンに汲んだ海水も同じく暖かい。
なるほど魚の体温は水温と同じぐらいか。だとすると26~28度ぐらいかな。
これは速めに冷やさないと。急いで海水氷を作ってその中にドボンと漬ける。
現場でできる処理を終えてホっと一息。途端に忘れていた寒さが戻ってきた。

十分遊んだけれど、今日の遊びはここまでで半分。もう半分は森の遊びを。
ガイドしてくれる青氏さんの車に付いていくと、思わぬ処で車を停める。
何かと思えば、その都度アノ木がアーで コノ木がコーと色々教えてくれる。
ヒラタクワガタの集まる木の状態とか、栗の木の見つけ方とか。
最後には贅沢にも彼の栗収穫ポイントに連れていってもらって
たわわに実る栗をガシガシと収穫。すばらしい収穫ができた。
雨でズブ濡れの中で収穫した栗を、また来るからと言って全部くれた。

75cmヒラマサはクーラーの対角線イッパイ。

こんな立派な栗が採れるとは驚き!スバラシイ



今日はヒラマサを釣る幸運に恵まれ、栗の収穫までできて感無量。
昨日は森のキノコあれこれ、モクズガニも獲れたし、素晴らしい収穫の週末。
久しぶりにフィッシュ&フンギ&フルーツと、秋の三冠収穫に成功した。
やっぱり秋は最高だな。


新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。