カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるいジャークでワカシ3本   ,2012/09/17 (月)


秋の3連休も今日が最後。昨日に引き続き伊豆の海で青物狙い。
朝一番のポールポジションは先行者に取られたけど、セカンドに陣取る。
遠い台風の影響だろう、定期的にやってくるウネリがかなり大きくなってきた。
安全を見て かなり高めの足場から投げる。そうなるとプラグ系は操作しにくい。
まあ、ジグ1本でいいか。

ジギングは今もってよく判らないので、アレコレ悩まず"激投レベル"80gだけ使う。
どうも底が不明瞭だと思ったら、手前から沖に向かう流れに乗ってるようだ。
ストっとした柔らかい底の感触が取れたら、ギンギンにシャクって巻いてくる。
シャクり続けるけれども、特にアタリもなく。

「水温が高い夏は底の方に居る。活性が低いので底をズルようなアクションが効く」
そんな感じの事を手錬が言ってたのを思い出した。
フワリフワリと軽くユルいジャークに切り替えてみると、途端にググンッと来た!
投げきった一番遠くの一番底の方で来たので、随分巻いて寄せてが長くて楽しい。
なかなか良いヒキかと思ったけど、寄せてみれば40cmは越えないワカシ。
高い岩の上からイヨイショーっとカツオの一本釣りみたいにブ~ンと放り上げる。

さっさと〆て、同じポイントに投げ込んで 同じようにジャークするとまた来た!
3本連続で同じワカシ。群れが来てたところに、ビンゴなアクションだったのか。
そろそろクーラーも満タンだなと思ったら、釣果のほうもソコでパタリと止んだ。
なんだか今日は、ショアジギングってやつが少しだけ解かった気がする。

これで秋の3連休はおしまい。
思った以上の収穫があったので気分ホクホク。
渋い状況でキノコも青物もクーラーにギュウギュウ詰め込んで気分は凱旋。

目の前にぐるっと虹の門が。ヘブンな気分。

続けざまにポンポンとワカシが3本。

スコールがザーッと来て、すぐにまた晴れる。

見ると護岸されたようで。足場は良くなったか


新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。