カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カラフトマスの掬い獲りに成功   ,2012/08/24 (金)


カラフトマスを狙いに北海道はオホーツクへ。
朝一番をどこにしようか迷って走って結局最果てまで来た。
仮眠をとってたらウッカリ4時前。危うく寝坊するところだった。
とは言え思ったより客は少なくて、全部で6人ぐらい。
河口を挟んで黙々と投げ続けるものの、魚影は見えないしアタリもない。
30分もしない内に一人また一人と去ってゆく。うーむ

最後の一人まで粘ってみるけど様子は変わらない。他の場所はどうだろうか
粘るか走るか悩んで 結局下見しながら南下することに。
何度目からのオホーツク釣行なので、多少ポイントの土地勘はある。
点々と見て回るけれどどこもマスは見ない。川に登ったヤツなら見れたけれど。

最果ての景色は別格。冬の厳しい所は夏が素晴らしい

カモメ?が隣で待機。何を待つ?

川に無事登ったカラフトマス。体色は緑と赤に

蛾はとにかく洒落者。そのガウン下さいな



本命ポイント2つ目に降りてみると、居た!カラフトマス発見。
河口のホンの手前5mぐらいの所で背びれを出してモジってる。
右に左にウロツくもじりの脇にヒラヒラとスプーンを通すものの反応なし。
どうすれば気を引けるかなーと適当に投げて巻いてしていると、
すぐ足元でスプーンを軽く噛み付きに来たマスの顔がギラっと白く光る。
な!噛みが浅かったようで針には乗らなかった。何も出来なかった..

もじりは続くものの、それっきりスプーンは無視されっぱなしで日が暮れる。
暗くなってしまったら、普通の鮭鱒釣りはココでおしまい。
でも暗くなったら今度は"掬い"という獲り方がある。
前回2年前にトライしてみたけど、上手く獲れなったので今度こそはと。
釣りルール上で合法な40cm未満のタモ網も持ってきてあるし。

そうこうしてると、思った通り"掬い"をやる感じの二人組みがやってきた。
手馴れてそうなので、コツを教えてもらいながら一緒にエントリーする。
岸に寄ってる魚を散らさないように、ライトを点けずに回り込んで沖へ出て、
そこからセーノで3人で河口を囲むようにライトで照らして詰めてゆく。

突然隣の手錬がボシャと水音を立てたかと思うと、網には銀色のマスが。
やるよ!と手錬がホレと渡してくれた。ありがたい。でも自分でも獲りたい。
ただ手錬は諦めムード、どうやら今夜はかなり魚影が薄いようで。
それでもしつこく探していると、目の前のライトの中に青白い魚影が映った!
アワワッ!急いで網を突っ込むけれど、プイっと顔を背けて行ってしまった。
ガーン!これは難しい、こんなのどうやって獲るんだ



探してるとまた1匹発見、と思ったら早めに気付かれてフッと逃げ出す。
待て!波で見えにくい水面下の青白い影を見失わないようにライトで追って
無理と思いつつ後を追うと、意外にも追い付けそう。夜はスローなのかな?
もしや..掬う瞬間も焦らずじっくり狙えばいいのかも..
かなり接近したトコロで魚の動きを観察して、頭を狙ってエイヤ!
バシャっと入った!ワオッワーオッ!網でマス獲った!

なるほどマス掬いのコツは解った。手錬達は次へ行くと去っていった。
今夜は合計2本ゲットで満足。どちらもギラギラの銀ピカだし卵持ち。
これで当面のおかずが出来たので、早速食おう。
やっぱり北海道はイイなあ

釣りと掬いの二刀流。とにかく獲りたい

水面を切るような波紋が!背びれを出してもじってる

とってもこじんまりした河口。足元まで鱒がきてる

初めて掬いに成功したカラフトマスは銀ピカで眩しい


新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。