カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昼の川を下見し、夜の川をガサゴソする   ,2012/08/18 (土)


磯釣りのために通い始めた伊豆。
もちろん伊豆の海は素晴らしいけど、山や川もとてもイイ。
ガサゴソと分け入って歩くだけで色んな連中に会える。
ギラギラした夏の太陽もいいし、真っ暗な夜もイイ。

明るい内に移動がてら点々と中部エリアの川を見てまわる。
鮎が有名な狩野川の支流本流には鮎釣り人がたくさん集まってくる。
雰囲気いいなあ、ここでもウナギやナマズが狙えると思うのだけれど。
とりあえず下見だけして 南の磯へ急ぐ。

夕方の磯では、初めて見るぐらい物凄い勢いで潮が流れてて
80gのジグがまるでトローリングみたいに流されて底も取れない。
特にチャンスらしい気配もなく日暮れと共に撤収。

そろそろ稲が実を付け始めた。秋も近い。

鮎釣り人が沢山集まってる。

これぐらい水質良いところでナマズが釣れたら..



さて最近本命の夜川探りをスタート。今日は新規ポイント開拓がメイン。
キノコや山菜とおなじように、よく獲れるポイントは沢山散らばってた方がイイ。
予め地図を見てアタリをつけていたポイントを回って、現場の様子を確かめる。
ウナギは居るけれど、草ボーボー&足場が悪くて釣りづらかったり
どこにでも居ると思ってたウナギが居ない川もあったり。
夜の道を車で飛ばして川から川へ。ヘッドライトを照らして何か居ないか捜し歩く。

それにしても夜の川は面白い。昼間は逢えない連中にグッと近づける。
傍に寄っても気がつかないウシガエル、そこらじゅうに出てくるモクズガニ。
すぐ近くの薮で猪がガサっと逃げ、道にはスズムシやクツワムシも出てくる。
魚はボーっと寝てるし、ウナギはギンギンに起きて出てくる。

時間も忘れてガサガサやってると、気がつけば0時を回ってる。
シメはいつも通ってる川へ、到着次第グッドサイズのニョロリ1本発見。
送り込んだミミズをモグモグと食ってる感触を聞いたら、クイっと寄せるとビビビン!
今週もウナギ1本確実にゲット。しかも結構太くていい感じ。

夜に見ると幻想的。確かカラスウリの花?

スズムシがリーンと。この薄羽でどうやったら音が出るのやら

今夜のウナギはなかなか太い。ジプロックから脱出されそうになる。


新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。