カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録
月ごとに見る
2014/ | | | | | | | | | 10| 11|
2013/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2012/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2011/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2010/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2009/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2008/ | | | | 10| 11| 12|
カテゴリーで見る

釣りきのこ料理 etc..

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)

自作ダイペン、姿勢を決める   ,2012/12/31 (月)

オモリ無し試作が乾燥したようなので、姿勢を決める実験を。ダイビングペンシルのウェイトバランスについては、すでにアレコレ試行錯誤を繰り返している先人達のセオリーを参考に尾と腹の2極配置にする狙いで、あとは実測して決めようかと。ちゃんと量るためにも0.1g単位のデジタルスケールを買った。TANITA KP-103。キャパは小さめだけれど、校正用分銅が付属してるのがミソ。開封して早速分銅を計ってみると誤差が出るので、ボ...

自作ダイペン、オモリ無し試作完成   ,2012/12/27 (木)

前回、木を削って形ができたので、お次はコーティング。ちょびっと残ってた5年モノのセルロースセメントは粘度ネバネバ、黄変してる。それでもなんとかギリギリ使えそうなので、今回の試作はこいつで。粘度が高いせいか、1回のドブ漬けで厚めにコーティングできて作業が早い。乾いたらササっとペーパーで磨いて、また漬け込んでを繰り返す。5回漬けた後にたまたま2日放置して、再度漬けたところでヒビが入った!一瞬で数箇所が...

ブリを夢見てカマスをバラす   ,2012/12/24 (月)

ブリを釣ったという話も聞こえてきたので、イザ伊豆へ。そうそうポンポン出るもんじゃないだろうけど。週末の南風がもたらした暖かさはどんどん去って、冷たい北寄りの風に。風表の海は少しばかり荒れてヒラスズキが出そうな雰囲気。一通り足元を探ったらスズキは忘れて青物狙いのダイビングペンシルを投げ続ける。飛び交う鳥がたまにルアーを見つけて、急降下してくるばかり。ブリは諦めて、現実的にイナダ狙いで場所を変えるも ...

自作ダイペン、試作で形を確認   ,2012/12/23 (日)

さて、手作りダイビングペンシルの工作開始。ハンドメイドの手錬から色々アドバイスをもらって図面を修正してみたけれどこれ以上は作ってみないとイイか悪いか判らない。まずはとっかかってみる。まず最初に作るのはウェイトバランスを見るための"オモリ無し"試作。こいつを浮かべてオモリの量と位置を決めようってのが狙い。5年ほど前に渓流ミノーのハンドメイドをやっていた時からすっかりご無沙汰埃をかぶって眠っていた道具達...

糠漬けイナダを"おかいさん"で   ,2012/12/20 (木)

先々週に釣った4本のイナダの内1本は糠漬けにしておいた。漬けてから今夜で丸10日目。そろそろ食おうと糠床から掘り出してみる身はよく締まって粘りのある硬さになってて、包丁の刃が吸い付かれる。ひと口味見してみれば、うおおお!旨いっ! 糠の風味と塩気が効いた濃厚な味。こりゃまさに生ハムだな。今回のは特によく染みてる。なんとなく、こいつで"おかいさん"をシャクシャクやりたくなった。おかいさんと言えば、ほうじ茶...

イナダのジェノベーゼサンド   ,2012/12/18 (火)

今夜のイナダはジェノベーゼでサンドに。カリカリッと焼いたパン、シンシンと辛いスライスオニオン、甘いパプリカと、塩コショウをきかせたトロイナダ。そこに広がる幸せたっぷりジェノベーゼの味。ンめちゃ旨〜こんな場合は生の刺身もいいけど、揚げてみても良さそうだなあ。...

イナダのなめろう磯辺揚げ   ,2012/12/17 (月)

収穫から1週間冷蔵しておいたイナダの状態は、思った以上に良好。現場で冷やしてワタも抜いて、丸々1本ラッピングしたのが良かったのだな。とは言え、皮の下は若干黄みがかってる。今日明日が生食のボーダーラインか。美味しいハラミをつまみ食いしたら、あとは”なめろう”にしてしまおう。刺身と一緒に味噌とシソ・ネギ・生姜をまとめて包丁で叩きまくるだけ。最後に醤油と塩少々で味を調えて完成。爽やかな薬味と味噌と魚と、も...

江ノ島を散歩   ,2012/12/16 (日)

朝方まで釣友達と飲んだ後に、朝マズメを打って行こうなんて調子のイイ事を。だけど車に戻ってチョット横になったら、そのまま昼前まで寝てしまった。まあ、せっかく初めて江ノ島に来たんだし、酔い覚ましがてら散歩でも。江ノ島って、思った以上に本格磯で、思った以上に観光地なんだな。ご近所なら原付なんかでヒョイと寄るには良さそうなんだけれど休日に釣りをしに 車で来るには混雑が面倒そう。多少遠くても僻地がいいな、や...

イナダを干物にしてみた   ,2012/12/13 (木)

収穫にちょっと余裕があるので、イナダを干物にしてみようかと。以前から興味はあったけれど、干物作りは今回が初チャレンジ。魚が多めに獲れた時の 保存方法の1つになればイイナと。乾いた冷たい風の吹く今頃ならば腐ることも無いだろう。さて、下準備。今回干物にするのは45cm小イナダ。開きにしてみるとかなり大きいので、完全に左右切り離し。骨も取り除く。塩水は12%に決め打ちで、漬け時間は1時間と30分の2パターンで実...

イナダと椎茸のロールキャベツ   ,2012/12/11 (火)

今夜は思いつきでイナダをロールキャベツにしてみようかと。ロールキャベツを作るのは初めてなので、いざ考えてみるとあのペキペキ割れるキャベツの葉でどうやって包むのかと。どうやら先に蒸して柔らかくしておくのだとか。なるほどネ。キャベツの葉を蒸してる合間に イナダをおろす。半身の腹側のトロはモッタイナイので、刺身でつまみ食い。旨んメ!背側の身をぶつ切りに、シイタケと大根は細切りに。15分ほど蒸した葉は 思った...

先週末のは刺身で旨いトロイナダ   ,2012/12/10 (月)

週末に釣ってきた4本は45cmぐらい。大きいワカシというか、小さいイナダと言うか。長さはさておき、横はそこそこ太くて結構身がプリッと張ってる。これはもしやと、さっそくさばいて刺身に。醤油につけると脂が滲み出てくる旨い。久しぶりに旨いブリだ。脂がしっかり乗った"トロイナダ"だったのだな。獲れるだけ獲ってきてヨカッタ。頭とカマの部分は煮て潮汁に。直売所で買ってきシイタケをスライスして沢山突っ込む一緒に煮ると...

強風の朝にワカシがプチ爆釣   ,2012/12/09 (日)

いつものように伊豆の南へ。昨日から強い西風が吹き続けて海は荒れてる。こうなると狙いはヒラスズキ。出そうな雰囲気の中、ミノーで磯際を探ってみるけどアタックは来ない。じゃあ お次は青物をと思った矢先、手前のサラシの中で魚が跳ねた。続けて次々とジャボジャボ水面が騒がしくなってくる。チャンス到来!すかさず跳ねたあたりの2、3m後ろにズギューンとルアーを打ち込む。巻き始めた瞬間にゴツと食って来た!久しぶりの...

自作ダイペン、形状を図面に。   ,2012/12/07 (金)

ダイビングペンシルのハンドメイドに手をつけ始める。工作自体は以前やってた事があるので、それほど悩みはないけれど、どんな形にして、オモリの配置をどうするのかが最大の課題。ホンのサジ加減で魅力的な動きの小魚にもなるし、つまらない模型にもなるだろう。まあ、まずはお気に入りの既製品の観察から。お手本にしてのは、手持ちのTACKLE HOUSE BRITTとMaria LOADEDの2つ。塩水プールに浮かべて姿勢を見てみたり、写真に撮っ...

ハンドメイドルアーを思い出した   ,2012/12/02 (日)

ハンドメイドルアーには独特な愉しみと喜びがある。少し昔、渓流釣りばっかりやってた頃はよく作っていた。バルサ材を細く削った5cmも満たないボディに 軸芯と鉛オモリを仕込んで、アルミとエアブラシでお化粧したらコーティングしてピカッピカに仕上げる。こいつにイワナが食いついて来た時は えも言われぬ嬉しさがこみ上げる。最近は渓流にはほとんど行かず、ハンドメイドからは遠ざかっていたけれどふと、また作ってみたくなっ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。