カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録
月ごとに見る
2014/ | | | | | | | | | 10| 11|
2013/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2012/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2011/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2010/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2009/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2008/ | | | | 10| 11| 12|
カテゴリーで見る

釣りきのこ料理 etc..

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)

手羽先とクコの中華風押麦粥   ,2012/01/30 (月)

先月収穫したクコの実がやっとカラッカラに乾いた。カジってみるとギュッと濃縮した甘さとフルーツ感。イイ!あの青くてエグい苦さは何処かへ飛んでしまった。さて、ドライクコが完成したところで早速料理に使おう。レシピが思いつかないけれど やっぱり中華が良かろうに。できるだけクコが際立つように、シンプルな鳥スープでやってみる。鍋に手羽先とネギぶつ切り・ニンニク・生姜を水から煮てゆっくりじっくりアクを取っていく...

フクイチ以前のキノコにセシウム   ,2012/01/29 (日)

フクイチ原発事故の前から、野生キノコは放射能を食らっていたと知ってそれがどれぐらいのモンなのか調べてみようかと、事故以前に収穫して、乾燥保管しておいたキノコを計ってみることに。測定に使うのは、2008年・2010年にそれぞれ富士山エリアで収穫したコウタケ。パリッパリに乾いているので、ミルサーにかけたら一瞬で粉になった。微粉末になったコウタケが煙のように舞って、プ~ンととっても良い香りが漂う。ムッチャ旨そう...

過去から探るキノコの放射能   ,2012/01/26 (木)

フクイチ原発が事故を起してから、そろそろ1年近くに。あれから今まで色々と放射能について調べてきた。そんな中で 何度か聞いた「キノコはセシウムを溜めやすい」という話。ならば、これから注意しなくちゃと思っていたけど、ちょっと待った!なんと、富士山の野生キノコって、すでに以前から汚染されていたそうで。最近やっと数値で見る機会があって、今更ながら驚いてる。出典→http://www.xn--f9j6c1a.jp/column_kinoko_tokuse...

この冬の初雪   ,2012/01/24 (火)

昨晩に降り出した雪が今朝の冷え込みでカチンコチンに凍った。人も車もバリボリと音を立てて面白い。薄い氷の下にミクロなつららがスゴイ...

カニを放射能測定してみた   ,2012/01/22 (日)

先週末に捕ってきたイシガニ達は 放射能が気がかりで食わなかった。気になるなら調べてみようってコトで、測定してみることに。自前だけでは足りないので、友人の在庫を分けてもらって合計7匹400gイシガニとショウジンが混じってるし、採取地もバラバラだけど、とにかくこれだけあれば、なんとか測定できそうだ。カニは洗ったら 殻をむいてボディからミソと身を掻き出す。甲羅と手足は茹でて汁を取り、茹で上がった腕の部分の身も...

クコの実の乾燥はあと一歩   ,2012/01/21 (土)

先月に収穫したクコを乾燥させて約1カ月。腐ってしまうことも考えて、2通りの方法で試してみた。室内でほったらかしの自然乾燥と、冷蔵庫のなかでほったらかしの乾燥。どっちもほったらかしてて忘れていたので、ちょっと様子を見てみた。冷蔵庫の方はまだ汁っケがある感じ。太った実は特に。試しにひとカジりしてみると、一瞬甘い汁が広がったかと思うと後味はなんだか 生乾きのミニトマトみたいな感じ。少し苦い。甘みが冴えて ...

にしんの358   ,2012/01/17 (火)

用事で仙台へ。移動の合間に仙台朝市に寄ってみる。仙台駅から5分で行けるナイスなスポット。山菜やら鮮魚がたっぷり拝めて とても楽しい。ふと、トロ箱に入った米と唐辛子にまみれたニシンを見た。値札には「ニシン」の他に「三五八」という数字が。重さでもなし、金額でもなし。産地名だろうか?と調べてみたら福島・山形方面で盛んな三五八漬け(さごはち)という漬物の名前だとか。へぇー知らなかった。旨そう。その名の通り...

カニは食わないでおくことに   ,2012/01/16 (月)

週末に捕まえたカニは、ジップロックに入れて冷蔵庫に。すっかり冷えてるハズなのに、まだゆるーく動いてるイシガニも冷温にはそこそこ強いようで。この新鮮なカニ。食う気満々で捕まえて来たけどさて食う段になってみると、ためらいが出てきた。もしかすると、もの凄く放射能が濃いんじゃないだろうかと。基本的に、川の河口は 土地の栄養も汚れもギュッと集まる場所。そんな水底で暮らすカニや貝に悪影響が出ても不思議ではない...

蟹を探してスズキに出くわした   ,2012/01/14 (土)

早く次のマイカーを手配しなくちゃと思いながら、全く手付かず。なので今日も友人の車に載せてもらって三浦の釣りへ。まずは静かな港を覗いてみるけど、あんまりメバルは居ない感じ。見える範囲には居ないって事なのかな?逆に見える範囲にしっかり居たのは、いつものイシガニ。サッとすくって1杯ゲット。夏が一番だけれど年中居るようで。朝マズメに磯へ出てみると、予想外のウネリとサラシが出ている。これならばと スズキを狙...

ひと月半糠床に漬けたイナダ   ,2012/01/10 (火)

晩秋に釣ったイナダを糠漬けにしたまま、すっかり忘れてた。11月下旬に漬けてから約ひと月半が経った。せっかく思い出したので、今夜食ってみることに。糠床をほじくり返して、一番底で眠っていたイナダの半身。すっかり漬かって 表面の身は黄土色に染まっているけど、糠を洗い流して半分に切ってみたら、意外に中の血合いは柔らかい色合い。もっとドス黒くなってると思ったのに。随分時間が経った割には身は鮮やかさを少し残して...

カサゴの姿揚げはちょい失敗   ,2012/01/09 (月)

おととい釣ってきたのは、2匹のカサゴ達。この辺りの魚の種類はよく分からない。たぶん細かい種類が沢山あるだろうから。少なくとも口の青い方はアナハゼ。ハゼが付くけどカサゴの仲間。まあ、とにかくどっちもカサゴの類なのは確か。小さいし、カラッと姿揚げにしてみることに。ワタをのぞいて塩で〆たら、片栗粉をまぶす。真っ白になってしまうと、もはやどっちがどっちか分らない。フライパンの油でしっかり揚げて出来上がり。...

おチビのカサゴとメバルぐらい   ,2012/01/07 (土)

車が壊れたので、友人に乗せてもらって三浦へ釣りに。スズキ?イカ?やはりメバル?何を狙うか迷いながらとりあえず現場に到着、むっちゃくちゃ風が冷たい。まずはメバル狙いで未明の港へ、渓流タックルにチビワームを着けて投げる。なかなか反応無いなと思って、ライトで照らして見てみるとあんまり魚が居ない感じ。かろうじて岸壁にカサゴがへばりついてたので目の前でピョンピョンとワームを踊らせてるとパクッと食いついた。お...

西予佐田岬遠征のおさらい   ,2012/01/04 (水)

佐田岬の地磯で青物を狙う・1月に青物を狙うのは、時期として間違ってはないように思う(年中OK?)・南西伊豆の地磯で慣れていれば、同様のスキルで地磯に降りられる。・岬先端磯はスパイクシューズで良かった。フェルトスパイクは不要っぽい。・宇和島市内に上州屋があるけど、佐田岬はテリトリー外の様子で情報少なし。次行くならチェックしたい・やっぱりミカンが美味しかった。もっと柑橘類を食っておきたかった。・スーパ...

佐田岬の先端は素敵だった   ,2012/01/03 (火)

今日で遠征旅行も最終日。朝マズメを撃つだけの時間は残ってる。今まで何箇所かツツいた中からココぞと思う磯に降りる。下げ止まりの時間だけれど 目前の潮は流れているし、少し荒れて雰囲気は悪くない。一通り投げ終えたトップからミノーに替えた1投目にググンと来た!急いでギャフを手に岩を降りるけれど、よーく確認してみればヤズだ。またか。ポーンと抜きあげて、ほとんど傷も無いので海に返す。お土産ならハマチ級がいいだ...

朝は北の風オモテ、夕は南の風裏で   ,2012/01/02 (月)

夜の内から強烈な北風が吹いてきた。車の中で寝袋にくるまって寝ていると、グラグラ揺れて不安だけど楽しい。そのまま朝まで吹き続けて、朝はとても冷たくなった。他の餌釣り師達は風裏の磯へ降りていったけど、こちらは波立つ風オモテへ。いい具合に波が寄せてる堤防では、すでに一人投げて居る人がいる。聞けばスズキを釣ったとか。キャスティングフロートにタコベイトか、それもいいな。こちらは青物なので先端から風に向かって...

朝にヤズを釣り、夜にイカを食う   ,2012/01/01 (日)

朝、駐車場は初日の出を拝みに来た車でいっぱいに。そんな喧騒とは関係なく、急いで身支度して磯に向かう。昨日と同じ磯に降りてみると、先行者のヘッドライトが見えた。なんだ、日の出客ばかりじゃなかったのか。右隣の先行者は青物狙いのジギング、左の湾の向こうではスズキ狙いのようで。吹き始めた北風で波が立ち始めて なにやら釣れそうな予感がする。この雰囲気ならばトップで出るんじゃないかと投げ続けること1時間ほど、前...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。