カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録
月ごとに見る
2014/ | | | | | | | | | 10| 11|
2013/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2012/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2011/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2010/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2009/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2008/ | | | | 10| 11| 12|
カテゴリーで見る

釣りきのこ料理 etc..

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)

南伊豆へ猪肉を買いに   ,2011/02/28 (月)

横浜より一足早い春を求めて南伊豆へ。メインイベントの渓流解禁は明日なので、今日の狙いはヒラスズキと猪。まずは未明から海へ。さすがに平日だからか、潮がイマイチだからか、人気の磯には人も居ない。ゴウゴウと雨風で波も立ち、雰囲気はイイ感じだけれど特にコンタクトも無く、だんだん北風が吹いて寒くなってきた。朝マズメを終えて、南伊豆は石廊崎方面へ向かい南伊豆のハンターさんのところへ猪肉の買い付けに。何も知らな...

鱸を中華あんかけに   ,2011/02/24 (木)

週末のスズキは今夜で使い切る。最後は中華あんかけにしてみた。餡のベースにトリガラではなく、アラ煮のスープストックを使ったけど甘酸っぱさが目立って、特に効いてるのかどうだか。とはいえ普通に美味しい中華あんかけに。外はしゃりっと中はフカっと。...

鱸のキャベツ包み蒸しと魚トマトリゾーニ   ,2011/02/23 (水)

週末のスズキを今夜は2品で。1品目は鱸のスープとトマトソースでリゾーニを。スズキをさばいた時に出たアラを、野菜とローリエなんかと煮つぶして身は漉して鱸スープにしてストックしておいた。冷蔵庫で保管しておいたけれど、完全にプリンプリンの煮こごりになってる。具となる玉葱とエリンギをざっと炒めたらワイン、トマトソース、そして魚スープで煮る。魚とトマトのスープができたらリゾーニをぶち込んで煮ること10分その間...

鱸とスライスオニオン、酒の肴に   ,2011/02/22 (火)

先週の鱸をどう料理しようか考えてキャベツで包んで蒸すか煮るかしたら旨そうかと思ってさっそく料理にかかって切り身を一切れ味見してみたらなかなか旨い。熟成がいい具合だ。なので、そのまま生で食う。ドレッシングは醤油とバルサミコ・ワイン・オリーブオイルを適当に混ぜて乳化したところで、切り身も混ぜ込んでスライスオニオンを塩で揉んでボサッと盛り付けるだけ。こんなときケイパーがあると、なんか絵になる。酒の肴に丁...

鱸のポワレに玉葱をソースにしてみる   ,2011/02/21 (月)

前回、秋にワラサを釣った時に 狭い思いをしたので、新しく大きなまな板を買っておいた。木製というのも気分が盛り上がる。それから約3ヶ月、やっとまともな釣果を得て初めて使う事ができた。週末に釣ったのはスズキ。とは言っても50cm程度のフッコサイズ。大まな板に役不足だけど、3~4回の料理には丁度良い食い切りサイズ。ハラミのところを削いで サッと醤油で食ってみるけど、脂の乗りは浅い。ならば普通に火を通して食うの...

盤州のウェーディングでフッコ1本   ,2011/02/19 (土)

今年もこの時期、盤州へウェーディングしに来た。今夜こそきっと バチが抜けがてスズキがやって来るに違いないと。この時期の大潮の夜に、産卵のためだろうか、ゴカイが大量に出てきて川の河口から引き潮に乗って海へと流れてゆく。美味しい虫が沢山食べ放題とあって、海の魚達は集まってくる。そして釣り人も。過去1度だけ、スズキが入れ食いになった事がある。今回もそれを期待して。昼から上がってきた潮がいっぱいまで満ちて...

春の始まりを告げる嵐、鱸には会えず   ,2011/02/18 (金)

朝、城ヶ島に到着。車を停めて 細い土産物の通りを抜けると南の沖に向いた磯に、ドッパーンと10mぐらいのしぶきが上がるのが見えた。真っ直ぐ立って居られない程の風、ゴウゴウと4,5mの波。これは春一番級の嵐だ。 高台の磯まで波が乗り上げていて、どこも危なくって竿を出せない。辺り一面 波が霧のように舞い上がって、手も顔も塩味に。だけど南風のおかげで、春のように暖かくて気持ちがイイ。予報どおり、朝の前線通過をピ...

高速リサイクラーを試す   ,2011/02/17 (木)

リールのラインの巻き直しやらPEラインの塩落としなんかに使えるかなと思って糸巻き機「高速リサイクラー」を買ってみた。なんの事はない、単にハンドドリルみたいなもので台座で固定できるから便利かな、という程度のもの。試しにリールに巻いてあったPEラインを、巻き取ってみたけど思った以上に簡単にできて、なかなかイイ。ただし、手でガイドしてやらないと、一箇所に固まって巻いてしまう。逆にリールへラインを巻く際にも...

霜の模様を観察   ,2011/02/13 (日)

キンとよく冷えた朝、それでいて前日まで湿度があったのだろうかアチコチきれいな霜の花が咲いた。車のボンネット一面に 白い不思議模様の霜。まるで職人が漆喰を塗ったような、もっとフラクタルなような。ずずっと近寄って見つめれば、表面はミクロの銀の柱が沢山。1本づつ空気中の水分を固めて作った羽みたいに見える。興味深い。田んぼの水も薄く凍って 面白い模様に。草は銀の毛に覆われたように。このままサラダにできたら旨...

今年の初雪   ,2011/02/11 (金)

今年 まともに降ったのは初めて。久しぶりの降雨。春の七草でも狩に行こうと思ったけど、寒くてやめ。...

捕ったモクズガニを蒸して食う   ,2011/02/10 (木)

先週末に捕獲したモクズガニを、昨晩ブラッシングして塩水に漬けて1日泳がしておいて今日、まだ元気。砂や泥も随分落ちたようだし、とにかく鮮度状態は問題なし。食う時が来た。モクズガニは食った事があるけど、初ゲットなので素の味を知るためにシンプルに、味付け無しの蒸し蟹で頂ことに。元気に生きたまま蒸したら、きっと暴れて皿から落ちるだろうから氷水にしばらく浸けてグッタリしたところで、一応タコ糸で手足を結ぶ。そ...

モクズガニをブラッシング   ,2011/02/09 (水)

さて、モクズガニをなんとかしよう。先週末、海で捕獲して、食おうかと思って持って帰ってきたけど色々調べてみたら、肺吸虫という寄生虫に感染する危険性があるという。そこでオノノいたけれど、よくよく調べれば、まあ稀だとの事。要するに熱を加えて食う事と、生の解体はやや注意って事でいいか。あとは、泥を取ってしまわないと。泥っぽい場所に居た上に、特にモクズガニは毛が濃いので泥が残る。さて洗うかと、クーラーボック...

節分の煎り豆を肉と煮込んでみる   ,2011/02/08 (火)

今年もまた、節分の豆を頂いた。これで何か料理をしようかと。調べてみたら、気になったのがブラジルのフェイジョアーダそれと トルコのエトリ クル ファスリエ ピラヴ。要するに肉と豆を煮込むってことかな。このヘンをヒントに適当に。水に一晩漬けておくなんて考えてなかったので、豆はいきなり煮る。とにかく1時間以上コトコト煮れば 煎り豆だって柔らかくなる。茶色いアクというかコクというか、強い豆味の汁が出るのでここ...

イシガニのトマトクリームソース   ,2011/02/06 (日)

さて、昨夜捕ってきた蟹を食おうかと。前回捕まえた時はシンプルに茹で&蟹汁にしたので、今回は少し料理したい。蟹レシピを色々調べていたら、モクズガニの肺吸虫の話に行き着いた。生で甲羅を割ったりしたら、体液の飛び散りで感染する事もあるとか。そんなの凄く稀なケースだろうけど、よく知らない寄生虫はちょっと怖い。まさか捕まえたぐらいじゃ大丈夫と思うけど、今夜はイシガニだけにしておこう。捕った場所が泥っぽい所だ...

イシガニとモクズガニを掬い取った   ,2011/02/05 (土)

随分久しぶりに海へ、釣りへ。メバルとスズキ用の道具を車に放り込んで、夕方から三浦へ走る。薄っすらとカミソリのような月が沈む。ひととおり夕マズメを投げ続けて、スズキどころか小魚の気配もなし。こういう時って岸辺の生き物達はどんな様子なんだろうか気になってヘッドライトで海中を照らしてじっくり見て歩いていたら結構いいサイズの蟹が壁面にたたずむのを見つけた。慌ててランディングネットを海中に伸ばして、そっと下...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。