カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録
月ごとに見る
2014/ | | | | | | | | | 10| 11|
2013/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2012/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2011/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2010/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2009/ | | | | | | | | | 10| 11| 12|
2008/ | | | | 10| 11| 12|
カテゴリーで見る

釣りきのこ料理 etc..

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)

富士山キノコ狩り、ショウゲンジが来た。   ,2008/08/31 (日)

富士山でキノコを狩った。ぼちぼち種類も増えて来た。富士山はいつものT林道。下界は晴れてきたけど ここは霧の中。先週の閑散とはうって変わって、道の脇には駐車が20台ほど。ちょうど先週からの雨でキノコが出てくるだろうと、皆同じ事を考えている。きっと土曜日にあらかた採られているに違いない。先週出始めだったフサクギタケ、ウスタケが立派になっている。先週は無かったフウセンタケの類いが出始めている。色んなキノコが...

今年初めてイナダを狙うけどボウズ   ,2008/08/30 (土)

昨晩は最近流行っているゲリラ豪雨だったので富士へキノコ狩りに行くのは中止。と思ったら朝には意外と天候が回復した。この雨は全く読めない。天気予報も当らない。午後になってイナダ釣りに変更。三浦に向かった。堤防に着くと地元の釣りオヤジがイナダを持っている。もう東京湾にも来てたのか。準備万端いつもの突堤に立つと 目の前でシャワシャワとゆるいナブラだ。湾にはイナダは居る。足下には逃げるイワシと、ノンキに泳ぐ...

キノコ料理の練習、和風ピクルス   ,2008/08/28 (木)

去年の秋は 毎週キノコ狩りに通ったおかげで、キノコ狩りのレベルがアップした。一人では食えないだけのキノコが採れるようになってきた。だけど食う方はあまり進歩していなくって、美味しく食べる料理方をあまり知らない。そこでキノコ料理のレパートリを増やすために、キノコの和風ピクルスを作ってみた。今回は練習なので買ってきたシメジ・エリンギ・シイタケ・マイタケを使う。ちょうどスーパーで4種キノコセットが売ってた...

アンズタケにはクリームソースがよく似合う   ,2008/08/25 (月)

昨日の狩りではアンズタケが採れたので、これを料理する。アンズタケは確かに杏の香りがする。ただし その香りも採ってから半日以内のようで、帰りの車の中は杏の良い香りが充満していたのに、持ち帰れば香りは半分以下。芳香がちょっと弱まっても 食材としてはかなり優秀なキノコだ。1~2日程度ではデロデロにもならず、虫もほとんど着いてない。さて、何して食べようか。オムレツが合うというのがセオリーのようだが、他に良い...

ハナビラタケは中華炒めで旨い。   ,2008/08/24 (日)

前回のハナビラタケはあれこれ料理したけど、しっくりこなかった。ハナビラタケの良いところが活せるような料理を探してみる。今回はご意見もらって中華炒めにしてみる。難しい事はヌキにして、味のベースは中華ペーストを使う。強烈なニンニクやショウガなどのスパイスはこの料理には使わない。いかにキノコの風味を大切にできるかが勝負。お供の食材はチンゲン菜と長芋。キノコの旨さを邪魔するものでは無いと思って。これを強火...

富士山キノコ狩り、またハナビラタケ出た   ,2008/08/23 (土)

さて今年もキノコの季節が来た。とは言え最盛期はまだちょっと先だ。今の時期は夏キノコがあるし、まあ今回は調査みたいなものだ。場所は富士山T林道。林道に入ってきている人は少なくて、まだ季節では無いということか。今週はなぜか夏から秋へタイムスリップしたような寒気だ。下界では重たい雲のシトシト雨だが、車が標高を上げるにつれ霧雨になる。いつもどおり3合目あたりから、モミの森をずーと探しながら登る。フサクギ...

トマトは黄色だった   ,2008/08/22 (金)

ミニトマトが予想以上に伸びた。苗で買ってきて、他の苗と同じように放っておいたらぐんぐん伸びて菜園の柵を越えて伸びた。がんばっても高さは1mを越えないようで、あとはどんどん横へ伸びて来た。菜園を食い尽くすオンブバッタ軍団もトマトには手を出さない。なぜだろう。実はやや縦長で3~4cm。茂っていて全体を見渡せないけど、たぶん50個ぐらいは生っている。しかし、どの実も黄色にはなったけど、赤にならない。待って...

ミョウガの花を見つけた   ,2008/08/21 (木)

春、裏山で生えていたミョウガを根から掘り出して、庭に埋めた。思ったより簡単に根付いてくれたようで、夏の始めに1つの芽を食べた。その時、新芽の先端から白い花びらみたいなのが着いているのが、何かわからなかった今回でわかった。あれは花だ。今回見つけた芽にはちゃんと花が咲いている状態だ。となると、ミョウガとして食っているあの部分は花の一部なのだろうか。調べてみると、食用にしているあの部分は花芽というらしい...

歩き運びに便利な軽いロッドケースを自作   ,2008/08/19 (火)

釣竿を持って旅行するならロッドケースが要る。特に2ピース、3ピースのルアーロッドは収納しても長い。夏休みの釣り旅行のために自作して使ってみたら、意外とイイ出来だった。こういう簡単なモノは自作が楽しい。今回作ったロッドケースの狙いは、カバンに入らない長さのロッドを、自転車や歩き旅行で持ち運ぶのに使えるロッドケース。必要なのは、なにより軽さ。次に運搬時に少々ぶつけても大丈夫な強度。あとは簡単メンテ、シ...

シシトウが生ってた   ,2008/08/18 (月)

夏休みで旅行から帰ってみると、玄関前の菜園は草がボーボーになっていた。おかげでバッタは増え放題で、バジルは丸かじりされてボロボロ。かと思えばシソやセージは立派に綺麗に育っている。好き嫌いあるのかな?ボーボーの草を刈って、植えた奴等が見えるようになるとおお、シシトウがしっかり生っている。細い小さい株の割には長い実が10本ぐらいは生っている。苗で買ってきたヤツを植え替えて 放っておいたら出来た。簡単だ...

カラフトマスが宅急便で届いた   ,2008/08/17 (日)

届いたので早速さばいて試食してみた。北海道の釣り旅では 最終日にカラフトマスが釣れたので、クール宅急便で送った。15日の朝に釣ったのを送る際に、到着は翌々日と言われた。夜に受け取るとすると、2日間半の時間が経つのか。冷蔵か冷凍か悩んだあげく、冷蔵にした。せっかくの鮮魚を冷凍にすると身が死んじゃうかなと思ったから。逆に冷蔵の場合は熟成が進んで早めに食う分には丁度いいかなと。さっそく届いたので開封してみ...

2本目のカラフトマスはルアーを食った   ,2008/08/15 (金)

ヤッタ!シビレタ!また釣った、カラフトマス。三日前に初めて釣った1本目は背中に引っ掛かったラッキーなスレ掛かりだったけど今度はしっかりルアーを食わせて釣った!北海道まで来た甲斐があった。今日は旅の最終日。もう帰らないといけない。しかし昨日見つけたポイントがどうしても気になるので 最後にもう一度攻めてみようと。時間は5時を廻った。朝マズメとはいかないけど小雨続きなので活性は問題ないだろう。ラスト3時...

雨のトマリナイ、釣れず。   ,2008/08/14 (木)

宗谷岬に至るラスト10kmの雄大な風景は素晴らしい。笹原の丘とまばらに生える針葉樹と 赤黒い砂浜と海しかない。そんな最北の岬に泊内川はあって、イメージ通りの北海道のマス釣りが愉しめる。確かに愉しめたけどカラフトマスは今日も釣れなかった。雨は降り続けているけど、暖かいシトシト雨なのでそれ程気にならない。川の河口にずらり並ぶ10人程の釣人は一向に釣れる気配が無い。かと思えば、河口から離れ一人ポツンと岩場に立...

雨混じりの空。釣れない。   ,2008/08/13 (水)

昨日から風が温かくなり、雨が降り始めた。荒れれば野宿には辛いけど釣れるんじゃないかと思う。雨の中の自転車はどうしても重く感じるけど、更に北を目指す。オニシベツからずっとフラットな海沿いの道だったのが、いきなり丘越えの道になる。丘を越えて時前川に入ろうと思ったけど、長いぬかるんだダートが大変なので止めた。隣の目梨川はすぐに行けるのでこっちにした。やはり釣りにはエンジン付きが楽だ。最北端の宗谷岬まであ...

カラフトマスを食った   ,2008/08/12 (火)

北海道まで来て釣ったカラフトマスをすぐさま その場で食べた。いざ釣ったものの、自転車旅行中なので調理する道具はあまりない。そこで他の釣人に塩を分けてもらい、ついでに塩揉みのやり方も教わった。腹を割ってワタを取り出すと綺麗なオレンジ色の身がみえた。さっそく食べてみたくて半身を切り取って、それをもう半分に。焼き網はないけど、旅の途中で買った黄色いアルミ鍋で焼く。皮を下にして、コンパクトなストーブの小さ...

カラフトマスを釣った!   ,2008/08/12 (火)

釣った!釣った!カラフトマス釣った!ワーイ本当に釣れた。初めて釣った。やってみるモンだなあ。場所は枝幸の北にあるカムイ岬公園。昨日の午後に到着したが、海を望む高台の芝生が奇麗な公園だ。なん張りかテントも張ってある のどかな所だ。ポイントだと聞いたけど、川は無いな。芝生の丘の先端から海を見下ろす数人の男達がいる。一緒に見てみると20m下の海岸では5人ほどが釣りをしている。海岸線は広いのに、やたらと固まっ...

オトシベ川で釣れず   ,2008/08/11 (月)

朝、風は穏やかだけど寒い。気温はわからないけど9月末の河口湖ぐらいな感じ。フリースと雨具を着込んでオトシベの河口に出る。既に14,5人が河口の注ぎ口に集まっていて、投げたり海面を見つめたりしている。様子からすればフィーバーはしていないようで、群が来るのを待っているようだ。見ればフライマンも混じる。射程の短いフライでも釣れるのだから、よほど岸の手前で釣れるのだろう。老練のフライマンにいろいろカラフトマス...

スゴロクみたいな日   ,2008/08/10 (日)

ハリキッテ自転車をこいで疲れた。疲れすぎて 道すがらにあったバス待合小屋で寝た。まる一日寝た。気がついたらケータイを無くしていたけど もう見つけようがない。探すのは諦めて30km先の警察に寄ると 50km戻った駐在所に届いてるという。「3つ進む、5つ戻る」か。なんだかスゴロクみたい。こういう時に折りたたみ自転車は便利だ。折り畳んでバスに乗って来た道を引き返す。ケータイを受け取り、また自転車をこいで20kmで今朝...

朝のサルルも 夕のオウムも釣れず   ,2008/08/08 (金)

昨日の夜に沙留に着いた。暗いのでよくわからなかったけど沙留川の河口は漁港になっている。見ると発電機で灯をたいて 水面を照らしている釣人がいる。聞けばカラフトマスの引っ掛け釣だそうだが、今年は少ないと。話しの最中に2時間で最初の1本を引っ掛けるのを見た。銀ギラの鱒だ。いいなあ。朝、堤防の先端から狙ってみる。さすがにオホーツク海は寒い。これでも夏か。川の対岸の浜には6人程が投げているけど、こちらもアチ...

今夜中にオコッペのサルルを目指す   ,2008/08/07 (木)

早めの夏休みを取って、今朝 旭川に着いた。今は紋別へ向かうバスの中。そして今夜中には自転車で興部の沙留をめざす。そこが明日朝一番の釣りポイント。旭川の釣具屋でルアーも情報も一式揃えた。カラフトマスを狙うなら準備は万端。だけど凄く気になるのが車窓から見える綺麗な川。トラウト好きには堪らなく魅力的な川をいくつも越えてバスは走る。ヨダレの出そうな素敵な川を見せ付けられて、道具もないのでやれないのは判って...

ハナビラタケのトマトソースは期待外れ   ,2008/08/06 (水)

大きなハナビラタケが採れたので、3日にかけて色々やったけど今日で最終日。締めくくりは期待しているトマトソースパスタ。メイン食材のハナビラタケは冷蔵庫で保冷して4日目。富士山で採った日に比べたら、やはり香りは随分落ちている。それでも身持ちは良い方で、ジュクジュクでもパサパサでもなくしっかりしている。フレッシュに頂くなら今日が最後だろう。オリーブオイルと少々のバター、鷹爪輪切3カケ、小さな欠片のニンニ...

ハナビラタケを天ぷらにしてみた   ,2008/08/05 (火)

薄ペッタイきのこなので火の通りは速く、香りが高い。きっと天ぷらに合うと思った。天種のハナビラタケは収穫から3日目になる。冷蔵庫で保管していたので見た感じの状態は良いが、香りが若干抜けた気がする。虫はついていないが、森の土クズみたいなのが洗っても取りにくい。洗いすぎても香りが落ちるだけなので、簡単に済ます。野生のキノコを食うつもりなら、多少のゴミや虫は気にしないのが肝要。手間要らずな天ぷら粉を使う。...

ハナビラタケをパスタで食ってみた   ,2008/08/04 (月)

去年のハナビラタケはピザで食った。チーズにもトマトにも負けない香りが強いキノコだ。図鑑では 天ぷらで食うと良いと言う。どんな料理が一番合うのだろうか?今回は大きな株を手に入れたので、色々試してみる。まずはトライアルで簡単に油で炒める。オリーブオイルとバターで炒めて、塩胡椒で整える。おお!あの森の野生のキノコの香りで鼻孔がいっぱいになる。イ~香り。スーパーで売っているキノコでは まず嗅ぐ事のできない野...

大きなハナビラタケを見つけた   ,2008/08/03 (日)

夏が真っ盛りになってキノコが気になり始めた。世の中一般的にはキノコと言うと秋だけど夏には夏キノコがある。今年のキノコシーズンもそろそろオープンする。という事で土日の二日でキノコ調査に行って来た。そのつもりだったけど友人と3人で、ダラダラキャンプになった。結局のところ実質でキノコ捜索したのは2時間程度。ま、気持ち良く遊ぶのが一番だ。場所は富士北嶺のいつものMS林道にした。この時期はあまり標高を上げると...

蝉の声があまり聞こえない   ,2008/08/01 (金)

もう8月になるというのに、アブラセミもクマゼミも聞こえない。ニュースでもやっていたが、今年は少ないようだ。夏に蝉の声が聞かれないとは まったく風情が無い。蝉の声は それぞれの旬で楽しみたいのに。油蝉のジウジウと、熊蝉のシャーシャーは真夏の良いBGMだ。あの忙しげでケタタマしい声を聞くと、暑さに加速がつく感じになる。逃げ水の出るような熱い道を歩きながら聞くのが似合っている。うだるけど夏らしくって良い。今...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。