カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)

魚がダメならヤマイモを掘る   ,2014/11/26 (水)

どうも今年の秋は青物との出会いが少ない。夜から磯で頑張ってみるも期待したイカは逃し、青物はまったく気配なし。磯を撤収して帰り支度に、釣り友とおしゃべりの中でひょんなことからヤマイモを掘りに行こうという事になった。手持ちの道具はスコップと鎌ぐらいだけど、まあちょっと掘ってみようかと。他の目的で歩いてるとヤマイモはアチコチで見かけるけれど、いざ掘るぞとなったら、思った以上に見つからなくて少なく感じる。...

シイの実が予想以上に美味   ,2014/11/07 (金)

シイの実を食ってみる。一度味見してみた事はあるけど、コレといって美味かった思い出はなし。それも随分昔の話なので、もしかして今なら美味しく頂けるかもしれない。ヒトの味覚ってのは経験と共に豊かになっていくらしいので。で、まずは簡単電子レンジで食べる方法をトライ。サッと水洗いして紙封筒に入れて600wで2分。途中でボンッ!と炸裂音がする。3割ほどは外皮にヒビが入っていたけど、破裂ってほどではなかった。いずれ...

実山椒を収穫、ついでに蟹も   ,2013/06/03 (月)

6月は実や花、虫や魚が騒がしくなる季節。そろそろ山椒も実をつける頃合だ。先週末は見忘れてので、今夜仕事の後にちょいと。山椒の木って、どこの森林にも大抵生えているのだけれど雌の木が一箇所に固まっていて、実を沢山収穫できる所は多くない。今のところ4箇所しか知らないけれど、今夜はその内の1箇所へ。場所はハッキリしてるので、迷う事無く 真っ暗な山道を突き進む。ホホーイ!思ったとおり山椒の木にはプチプチ熟し...

磯でアイゴをもらい、森でウドを採る   ,2013/04/29 (月)

久しぶりに伊豆の海へ。そろそろ何か釣れるだろうかと。春はキノコばっかり追いかけてたので、海は随分とご無沙汰。もうそろそろ春から初夏へという時期だ。色々出てくるハズ。朝の暗い内に到着した磯には、潮溜まりにカタクチイワシが溜まってる。ヒラスズキが出るような波ッ気はないけど、青物なら来るかもしれないな。お隣に立った青物狙いのルアーマンはどうやらジグで底から狙ってるのでこちらはダイペンでトップを狙う。どっ...

八重桜の葉を摘みに   ,2013/04/21 (日)

季節外れの強い寒波が訪れた今週末、雨上りの午後だけ少し散策を。今日の狙いは桜の葉。塩漬けにして桜餅でも作ってみようかと。調べてみると、葉の柔らかいオオシマザクラが最適らしいけれど、花が散ってしまった今、枝葉だけで種類を見分けるのは難しい。替わりに八重桜も悪くないという。それならまだ咲いてるのできっと判る。八重桜を探しつつ、アミガサタケの新規シロ開拓に歩き廻る。さすがにピークを過ぎたのか、それとも場...

魚は捕れず、山菜が少し。   ,2013/03/16 (土)

春が来た。色々とホクホクする話があれこれ入ってくる。順当な狙いはヒラスズキ、状況次第で青物を。続々やってくる釣人と競うように磯に向かい、波をかわしつつ尖端へ。いい具合に風が吹き波が立ち、広がるサラシでスズキを探す。いくらか飛んでゆく鳥が、たまに海面に突っ込むのも見られて期待が高まる。だけど予報通り段々と風が強まり、辿り道の低い磯が波に沈み始める。数時間すれば潮位が下がるはずだが、それ以上に風が出た...

田セリを摘みに   ,2013/02/17 (日)

2月中頃といえば、旧暦の正月過ぎて春の訪れを感じる頃。ちょうど七草粥にぴったりの季節。よく晴れた休日の昼間に、ぷらっと近所の田んぼへに春探しへ。夜が冷えると田んぼや沢には氷が張るけれどそれでもセリやハコベが新芽を出して、確実に春の訪れを感じる。暖かい斜面には 陽気に誘われて出てきたシマヘビも見た。そろそろフキノトウも出てるはずだけれど。まだ春一番は吹いていないけれど、ここから春の足はどんどん速くな...

磯帰りにムカゴを   ,2012/11/11 (日)

昨日のナイトゲームからそのまま伊豆で続投。綿入りのジャケットを着込んで ちょいと仮眠。そろそろ車中泊も寒い季節だ。アッチの方もイイんじゃないかと、手錬に教えてもらったのでどうせアテもない事だし、頂いた情報にありがたく乗ってみるかと。鮮やかなオレンジ色に朝焼けした東の空に見とれながらも実釣開始。沖には低空飛行する鳥、風波もあって なかなか期待感が高まる。ミノーやトップを投げ続けて、9時のソコリまで投げ...

猿からサルナシについて教わる   ,2012/10/07 (日)

昨日はまだダルマは出ていなかったけれど、富士山の方はどうだろうか?来週はカルクウパーティの日、キノコ狩りイベントもやるのでちょっと下見に。森に入るとすぐにアレコレと雑多なキノコが生えてる。よかった。歩けば歩いただけキノコは採れる。このコンディションが続けば悪くない。ハナイグチとアカモミタケはしっかり獲れたので また測定にまわそうか。ムラサキシメジ。これが出ると終盤戦ミヤマタマゴタケはとても上品な立...

達磨は不在、ヤマブドウが少し   ,2012/10/06 (土)

去年”達磨の園”と名付けたムレオオフウセンタケのシロを訪ねる。そろそろかと。森の入口には先行者のキノコ狩人が入った形跡はあるけど、採れてない感じ。これはダメかと思いながらも、行って確かめてみないことには。松ぼっくりや山栗を落とし、いくらか葉を黄色く染め始めた秋の森雰囲気は良いけど、今日来たこの森はカラッカラでキノコのキの字もない。干からびた奴も、黒くバサぐれた奴もないので、きっとまだ出ていないか。キ...

採ってきた栗を渋皮煮に   ,2012/10/04 (木)

先週なかなか大漁に採ってきた栗。とっても粒が大きい。炊き込みご飯なら2~3回は食えそうだけど、せっかくなので他の食べ方を。どうやら渋皮煮が基本のようだし保存性も良さそうなのでやってみる。渋皮煮ってどんなんだっけ?そもそも栗の扱いについて知らない事だらけ。いくつかレシピを見ると、皮の剥き方一つとってもやり方はそれぞれマチマチ。1つ共通したヒントは「渋皮を破ってはイケない」という事。名前からして渋そう...

秋の森はフルーツいっぱい   ,2012/09/28 (金)

珍しい平日のお休みは富士山以外の森でキノコを探すことに。去年この時期を見ると、ウラベニやらムレオオフウセンが出るのではと。そんな”読み”は全くハズレて、それどころか殆ど何も生えてない。その替わりと言うにはあまりにも小さいけれど、山栗が沢山落ちてる。先週みたいな良い栗収穫ポイントが欲しいので探してみることに。そうしてウロウロ探していると、ヤマブドウの実を見つけた。もうぼちぼち熟れ始めてる。今週採っても...

炊くだけ簡単、栗ご飯   ,2012/09/27 (木)

先週末に収穫した栗を食おうかと。やっぱり一番は栗ご飯かな。栗を剥くなんて久しぶりだから、やり方を忘れた。収穫した時は白かったお尻の部分はすっかり茶色に。殻も硬くなってしまったのかと思ったけど、意外に柔らかい。少しナイフで切り込みを入れたら、指で剥き取る事ができた。そこまではアッサリ剥けたけれど、渋皮が大変。3分ほど熱湯で茹でてみたけど、ツルりと剥けずに、結局ネチャネチャする身からナイフで削るように...

ウドと実山椒のありそうな森へ   ,2012/06/10 (日)

暇があったら地図を読む。そうやって見つけておいた「気になるポイント」の内の1つを下見に行く。地形や植生から言って、ウド・山椒がありそうな森じゃなかろうかと。どちらも収穫ポイントは少ししか知らないので、この機会に見つけておこう。行ってみると予想どおり落葉広葉樹の雑木林。理想的だ。道の両脇から草が伸び放題で、なんとも夏の林道らしい様相。車をおいて探し始めるとすぐに伸びたウド発見。ニヒヒ、ドンピシャ。や...

実山椒のついでに夏ウドを知った   ,2012/06/03 (日)

海況が穏やか過ぎるので ゆったり朝寝坊して川沿いを散歩でも。無数のカニ穴と草むらをガサガサと逃げ出すカニ達を見つけた。やたら足が剛毛なので 調べてみたら恐らくクロベンケイガニというやつ。淡水の陸生カニってサワガニとアカテガニしか知らなかったのでプチ発見。さて獲物を探しに。まずは昨日と同じ堤防に行ってみると今日もエギンガーが沢山。先に釣りをしていた釣り友から1杯出たと聞いたけれど、それっきり。おしゃべ...

春キノコと山菜の料理を   ,2012/04/29 (日)

前日に収穫したのは山菜とアミガサタケ。春らしい収穫。フレッシュなうちに食ってしまおう。アミガサタケは半分を乾燥保存に。ずっと前に作ったきりだった乾燥網棚?を使ってみる。晴れた日が続けば、結構あっさりと乾燥しそうだ。残った半分は思いつきでレンズ豆の煮物&ワインビネガーで合わせてみる。普通においしいのだけれど、いまいちアミガサが主役にはできなかった。キノコを主役にする料理は、シンプルにするか量でカバー...

ウドとアミガサタケを探しに   ,2012/04/28 (土)

GW初日はまず山菜を探りに。狙うのはウド&アミガサタケ。どちらもまだ多く採った事がない。どこに生えてるやら。そうやって探して、ここ数年で山菜巡回ポイントも増えてきた。寝坊しちゃったので急いでチェックポイントをランガンする。山へ向かう途中で少し渋滞。トロトロ走ってる時にフト脇の斜面を見るとなにやらアミガサらしきモノと目が合った。まさか?近くに車を停めて見に行くと、なーんだ葉っぱと見間違い。残念空振り...

ミズとイタドリを味見   ,2012/04/18 (水)

先週末の収穫ぶんから、今夜はミズとイタドリを。どちらもちゃんと料理したことはないし、食材としての素性もよく知らないので まずは味見を。まずはミズ(ウワバミソウ)を。葉をちぎり皮を剥いたら、塩湯で1分ほどゆがくとスっと色が若草色に。昆布だしをひいて適当に味付けした銀餡をトロリとかけておひたしに。嫌なクセはなく、素直で少し青い味。すこしヌチっとした粘りが気になるので今度はタタキにしてみたい。まだこれか...

早いなりに採れた山菜   ,2012/04/14 (土)

コゴミを採りたいとい友人が言う。正直、コゴミはあまり興味がないけれど、タラやらシドケもそろそろかなと今年の春の訪れは少し寒いという印象があったけど、さてどうだろう。春の旬の指標にしている"東京桜満開宣言"、今年は4/6だそうで去年と同じだ。スタート地点の津久井周辺はまさに桜満開の状態。薄ら曇りの雨に見る 淡いピンクのもっさりがとてもスバラシイ。ちょびっと早かったようで、予想よりも出てる草の種類が少ない。...

タラの芽とノビルの天ぷら   ,2012/04/03 (火)

伊豆で採ってきた山菜を食うかと。まずは、このエシャレットよりでかいノビルをどう食うか。生のまま塩で齧ってみる。甘くて辛いのはイイけど、苦エグさも強い。大きいだけにエグさも強くて、生だとキツいか。なのでバターで炒めて塩で食ってみたら、これがとても甘くてイイ!炒めすぎると甘さだけになっちゃうので、ササっと炒めるのがミソ。タラの芽は沢山あるので、最初は何も考えず天ぷら。クセの強い山菜を食うなら、天ぷらは...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。