カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)

鴨の羽をむしる   ,2014/12/17 (水)

親の時代には家庭で鶏をつぶして食べるのは普通だったと聞く。魚やキノコと同じく、鳥や獣も自分で獲って食べてみたいものだ。なんて興味はあれども何処から手を出したものやら。素人からは随分遠く感じる。そんな折、釣り友から「鴨の処理のお手伝い」のお誘いをもらった。チャンスを探していたのでこれ幸い。さっそく現場に行って見ると、ズラリと何十も並んだ鴨。網で捕獲したそうで、首を切って血抜きがされてある。魚と同じだ...

キノコ狩りパーティのお知らせ   ,2014/09/10 (水)

いつもカルクウ.blogを見てくれてありがとう。カルクウの遊びをそのままパーティにしたイベントを今年もやろうかと。よい季節のよい機会です。ご興味ありましたら奮ってご参加ください(^o^)/なんと今年は趣旨を違えた2つのパーティを開きます。どちらも森で狩ってきたキノコを食べようというパーティですが、1つは今までどおりアウトドアで皆でクッキングするパーティ、そして今回初トライ、レストランで料理してもらうパーティ...

[パーティ参加者連絡用]   ,2013/09/27 (金)

秋のカルクウパーティ2012   ,2012/10/14 (日)

今日は年に1度の秋の収穫祭「カルクウパーティ」の日。朝も暗い内から集合場所には参加者がぞくぞくと集まって来る。随分と朝が寒いので、挨拶もそこそこにさっそく森へ。早く体を動かしたい。 今日はイベント主催としての森ガイドに専念して、収穫は参加者にお任せ。どんどん歩けば 予想どおりそこそこハナイグチ・カヤタケ・アカモミタケが出るたまに倒木に隠れたチャナメツムタケを見つけたら みんなを呼んで群生してるのをワ...

[参加者用]パーティの連絡   ,2012/10/04 (木)

お知らせ。カルクウ秋のパーティやります   ,2012/09/13 (木)

自然好き、収穫好き、料理好きな皆さんへいつもカルクウ.blogを見てくれてありがとう。そんな皆さんにオフイベントをご紹介、今年もやります”秋のカルクウパーティ”もちろん、狩りをして食う遊びです!午前の「狩ル」パートは、初心者向けの優しいキノコ狩りです!みんなで一緒に歩いて富士山のキノコを収穫しちゃいましょう。採れるかどうかは天の運次第。うまく行けば素敵なキノコワールドが広がります。収穫がイマイチであって...

カルクウ”ボンゴレパーティ”のお誘い   ,2012/03/30 (金)

いつもカルクウ.blogを見てくれている皆様へ春のカルクウパーティのお誘いです。日差しも風もすっかり暖かくなる4月中頃、金沢八景の干潟では ノンキな潮干狩りが楽しめます。アサリが採れたらそのままキャンプ場に持ち込んで料理を。ボンゴレビアンコにして食いたい!ってのが気持ちの真ん中ですが粒の大きのは 網焼きにしたらイイし、酒蒸しも、炊き込みご飯だって。狩りをして 料理をして そして食う。そんなパーティです。残...

フクイチ以前のキノコにセシウム   ,2012/01/29 (日)

フクイチ原発事故の前から、野生キノコは放射能を食らっていたと知ってそれがどれぐらいのモンなのか調べてみようかと、事故以前に収穫して、乾燥保管しておいたキノコを計ってみることに。測定に使うのは、2008年・2010年にそれぞれ富士山エリアで収穫したコウタケ。パリッパリに乾いているので、ミルサーにかけたら一瞬で粉になった。微粉末になったコウタケが煙のように舞って、プ~ンととっても良い香りが漂う。ムッチャ旨そう...

カルクウ.party!2011秋   ,2011/10/02 (日)

今日はカルクウのオフパーティの日。それぞれ収穫してきた獲物や お土産を持ち寄ってクッキングするパーティ。狩をして食う遊びを、それぞれ色々な得意技の人達とやってみようかと。そんなイベントに参加してくれたのはスキモノ総勢15名。まずは朝も暗い内から集まって、キノコ初心者向向けのイベント"キノコ探索会"を。前日の下見でかなりキノコが渋いのは解っているので、さてどこの森に入ろうか、歩き易さと収穫の可能性を天秤...

カルクウパーティ連絡用(参加者のみ)   ,2011/09/06 (火)

この秋、カルクウパーティやります   ,2011/09/05 (月)

釣り好き、キノコ好き、虫好き、畑好き、料理好き、ただもう自然好きな皆様へいつもカルクウ.blogを見てくれてありがとう。この度 初めてのオフイベントをやってみようかと。狩りをして食うパーティです。カルクウを通してフィールドで色々な達人たちと会う機会がありました。メールやblogでいろんなコメントやレシピや情報を貰うことができました。野にも山にも海にも川にもキッチンにも、スキモノ達が色々オイシイ事やってるんだ...

ハバノリを焼いてくってみる   ,2011/03/10 (木)

そういえば冷凍庫にハバノリがあったので、焼いてみた。南伊豆のハンターさんのところへ猪肉を買いに行ったときに頂いたもの。確かハバノリだとか聞いたけれど、よく見れば2種類ある。1つは黒っぽくて如何にも海苔っぽいけど、もう1つは なんだか迷彩柄の様に何種類かの海草が混じって見える。違う種類なのか、それとも根元と葉先の差なのかな?火に当てるとすぐ焼けて焦げると聞いたので、弱火でゆっくり焼く。黒っぽかった方...

南伊豆猪肉、まず肩を味見   ,2011/03/03 (木)

南伊豆で買い付けて、送ってもらった猪肉を早速味見してみることに。今回買ったのはモモ・肩・バラの3種。イマイチ部位ごとの特徴ってよく判らないので、この機会に食べ比べてみるのもいいかと。肉は冷凍なので、まずは試しに1ブロック解凍してみることに。肩のブロックは800g、直径10cm程。これを冷蔵庫に入れて約14時間デロリとダレる程解けてはいないけど、押すとやや凹むぐらいに。包丁を入れるとザックリと両断できたので、...

南伊豆へ猪肉を買いに   ,2011/02/28 (月)

横浜より一足早い春を求めて南伊豆へ。メインイベントの渓流解禁は明日なので、今日の狙いはヒラスズキと猪。まずは未明から海へ。さすがに平日だからか、潮がイマイチだからか、人気の磯には人も居ない。ゴウゴウと雨風で波も立ち、雰囲気はイイ感じだけれど特にコンタクトも無く、だんだん北風が吹いて寒くなってきた。朝マズメを終えて、南伊豆は石廊崎方面へ向かい南伊豆のハンターさんのところへ猪肉の買い付けに。何も知らな...

今週末もフィリピン海へ?   ,2010/10/01 (金)

明日の行方を決めようかと、GoogleMapをグリグリ動かしていると三浦のすぐ沖に「フィリピン海」と書かれているのに気が付いた。ハテ?エラーか誤植かなと思って、ズームアウトして気が付いたのはどうやら日本の南岸の「太平洋」の事を指しているような。※Wikipedai 「フィリピン海」調べてみたら、我々が太平洋と呼んでいる海域のうち、伊豆半島から西へ、沖縄・台湾を回ってぐるりフィリピン・ミクロネシアまでを、国際的にはフィ...

旨い米と桃をありがとう。   ,2010/07/26 (月)

カツオと交換のわらしべで得た 旨そうな米と桃があるので、今夜は頂くことに。まずは米。五郎兵衛米というブランドだとは聞いていたけど、どうやら噂の一品のようで。そんなイイ米のお相手に何か無いかと買い物に寄ってみたらブリっと丸々太ったイワシを見つけたので衝動買い。家に帰って冷蔵庫を見ると、そういえばカツオのタタキも3サク残ってた。普段は昭和の骨董品みたいな電気ジャーで炊くのだけれど、今夜は土鍋で。米の土...

カツオを釣って、キノコを獲った   ,2010/07/24 (土)

今日一日でカツオとキノコの両方を獲った。大きい方のクーラーBOXにはギンギンに冷えたカツオ5本、小さい方には、富士のキノコが3種。夏の旬でぎっしり。先週やっと初めて釣ることができたカツオ。そろそろルアー釣りの季節からコマセの餌釣りの季節になるという。今のうちにもう一度、カツオルアーの感覚を腕に刷り込んでおこうかと。モヤで陸は見えないけど、1時間以上 船が走った先は恐らく伊豆の南西沖。すでに現場には...

マーマイトは旨かった   ,2010/06/11 (金)

友人から旅行のみやげにと、マーマイトをもらった。調べてみたら、イギリス人の不思議さを代表する食べ物というかありていに言えば、非常にマズイと。好き嫌いはハッキリ分かれるようだ。初めて見るものなので、食べ方を調べてみた。何者かというと、ビール醸造の際に出た副産物で塩味。味噌みたいなモンかトーストにバターを塗った上に、このマーマイトを塗るのだという。簡単&普通。トースト1枚サイズの容器の ふたフィルムを...

紅茶キノコを初めて見た   ,2010/05/14 (金)

友人から紅茶キノコをもらった。株分け(?)したてで、まだ育ちきっていないヤツだという。密閉せずに、クッキングペーパーとかでフタして呼吸させてあげて特に冷蔵庫に要れずに常温放置で、良いと。かつて流行したというのは聞いた事があるけど、現物を見るのは初めて。薄黄色の液体に クラゲのようなゼリーが浮いてるのか、沈んでるのか。正体を知らなかったので、「育つ・呼吸する・常温放置」という説明に戸惑う。調べてみたら...

仙台朝市で鮮魚を   ,2010/05/10 (月)

今日は仙台に来たので、仙台朝市に寄ってみた。仙台駅からすぐ傍だし、鮮魚がたっぷり並んだ市場は見るだけで楽しい。スズキやら水タコ、ワラサに岩牡蠣、マグロもミル貝も。他にもあらゆる魚介類が 姿のままで売られているってのがイイ。初夏に鮮魚市場に来るチャンスがあれば決まって岩牡蠣を食う。ちょっと小ぶりだけど1個¥200とは安い。店の兄さんに開けてもらって、そのままおつゆと一緒にジュルっと一口。旨~い・旨い。後...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。